2015年07月13日

7月13日 高校野球観戦記 その1

7月13日

夏の高校野球県大会2回戦 森山球場第1試合
花北青雲 6−5 一戸 (延長10回サヨナラ)

両チームニ桁安打の激しいせめぎ合い。
延長にもつれ込んだ熱戦を花北青雲が制しました。


<花北青雲>
・投手
野中大輔 1回〜9回途中
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつ体の回転を生かす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、しっかりと抑えの効いた速球と落差のある変化球をうまくミックスして打たせて取る投球が持ち味ですね。
八割位の力でストライク先行を心掛けているようでした。

佐々木勇輔 9回途中〜10回
大きく振りかぶり、上体のパワーを生かして勢いよく腕を振り下ろす左上手。
威力のある速球主体にぐいぐい押す本格派タイプで、落差のある変化球との緩急もしっかりと効いていますね。
本職は野手のようで、下半身の体重移動がやや不足していますが、しっかりと鍛えれば素晴らしい投手に成長できる魅惑の逸材と見ました。
速球の球速は、目測で最速130km前半。

・打線
じっくりとボールを見極めて甘いコースを狙い打つスタイル。
走者が出ると積極的に盗塁を仕掛け、貪欲に点をもぎ取る意欲が漲っていますね。
相手と比べて機動力を有効に使えた分の差が、接戦を制する結果になったのだと管理人は思いました。

佐藤清冴 右投左打
体の芯が強そうでコマのように綺麗に力強く回転するスイング。
瞬発力があり、今後楽しみな二年生です。

・守備
難しいバウンドを捕り損ねての失点はありましたが、概ね問題なし。


<一戸>
・投手
米田樹生 1回〜3回
柔軟性のある体動から、しなやかに腕を振って伸びのある速球と落差のある変化球を投げる右上手。
球威で押すタイプではありませんが、胸の張りとフォロースルーを意識して投げていますので、速球は打者の手元で糸を引くように伸びる球質ですね。
機敏性と躍動感が増せば、球威もグンと増すと思います。
フィールディングが軽快で、野球センスの高さがうかがえました。

西野賢太 4回〜6回
常時セットポジションから、やや担ぐように上体を捻って真上から投げ下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、長身から投げ下ろす速球と落差のある変化球には角度がありました。

土川拓哉 7回〜10回途中
大きく振りかぶり、軸足でタメを作った後に力強く腕を振る右上手。
重そうな速球と鋭く曲がり落ちる変化球を投げ込みます。
筋力がかなり強そうですので、機敏性が増せば球威はさらに増すと思います。
今後の成長を楽しみにしたい二年生です。

・打線
好球必打で積極的に振りにいくストロングスタイル。
幸先よく先制し、逆転された後もしぶとく食い下がりました。

上平武蔵 右投左打
初回の初球ストレートを思いっきり引っ張ってライトスタンドへの先頭打者ホームラン。
スムーズな体の回転とフォロースルーの効いたスイングが特長で、今後が楽しみな二年生です。

米田樹生 右投左打
重心をしっかりと落とし、軸のぶれない体動から、体全体を使って振り切る鋭いスイング。
ボールをシバきあげるようなイメージで痛烈に捕らえていました。

・守備
飛球の目測誤りや送球の判断ミスなどがあり、序盤の余計な失点がもったいなかったです。



posted by ティト at 21:10| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック