2015年07月11日

7月11日 高校野球観戦記 その2

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第3試合
盛岡商 12−5 盛岡南 (8回コールド)

激しい点の取り合い。
お互い守備のミスが多い試合となったものの、常に先行してペースを握った盛岡商が、粘り強く反撃してくる盛岡南を振り切りました。


<盛岡商>
・投手
野坂太郎 先発完投
ゆったりとした始動から、重心をしっかりと落として蹴り足を生かしながら、上体の倒し込みとともに力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をバランス良くミックスして打者に的を絞らせない投球を見せました。
体動にパワーロスがなくなり、前に見た時よりもフォームバランスが格段に良くなっていますね。
機敏性が増せば、球威はまだまだ増してくるでしょう。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。
注目投手リスト入り相当と判断しましたので、左記の岩手野球注目選手情報リストに追加とします。

・打線
四球や相手ミスで得たチャンスを着実にモノにして点を積み重ねました。

木曽健太郎 右投右打
巻き込むように振り切るスイングは力感十分。
長打が出そうな雰囲気を感じました。

・守備
悪送球や捕球ミスが目立ち、余計な失点とピンチを何度も招いてしまったのは反省材料でしょう。
野手のフットワーク自体は軽快でした。

木曽健太郎 中堅手
安打性の打球を判断良く前進してダイビングキャッチ。
頭上を襲う大きな打球も好捕しました。
ピンチを救うファインプレーでしたね。


<盛岡南>
・投手
千葉優也 1回〜7回
やや上体を後方へ捻り、体の回転を生かして投げる左スリークォーター。
球威で押す感じではありませんが、球持ちが良く、リリースポイントが見づらい変則タイプですね。
クリーンヒットを連発されたわけではなかったのですが、守備のミスで走者を許してしまった後に抑えきることができなかった感じです。

桂川慎吾 8回
大きく振りかぶり、スムーズに体重移動してしなやかに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、右腕でしっかりとリードを取って体の開きを最小限にして投げ込んできますので、球持ちは非常に良いですね。
落差のある変化球がコーナーに決まっていたのは好印象です。

・打線
速球に負けない力強いスイングを各打者が見せていました。
夏に向けて相当振り込んできたことは一見してわかりましたし、各選手の意気込みは十分伝わってきました。
良い当たりが相手野手の正面を突いてしまうなど、惜しい場面が多かったように思います。

・守備
立ち上がりに悪送球が続いて先制点を許してしまったのが非常に痛かったですね。
序盤で相手をリズムに乗せてしまった感じです。
終盤にもミスが出てしまい、思わぬ大量失点となりました。



posted by ティト at 19:06| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック