2015年07月11日

7月11日 高校野球観戦記 その1

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
釜石商工 10−0 伊保内 (5回コールド)

3回途中からの観戦です。
相手のミスに乗じて押せ押せで攻めた釜石商工が、一気の大量得点で勝負を決めました。


<釜石商工>
・投手
中村龍斗 〜4回
ゆったりとした始動から、スナップを効かせてしなやかに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、しっかりと抑えの効いた速球とキレの良い変化球をコーナーに集めて打たせて取る投球を見せました。
ストライク先行で安定感がありましたね。
力感が増せば楽しみな二年生です。

松下奏斗 5回
大きく振りかぶり、鞭のようにしなやかに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と緩急二種類の変化球を自在に操ります。
時折ドロンとした変化球を交えるなど、緩急を十分に生かす投球を見せました。

・打線
四球や相手ミスを確実に生かし、足も絡めて厳しく攻めきりました。
安打5本で10得点は見事です。

三浦潤太 右投左打
速球を完璧に捕らえてライトスタンド一直線のホームラン。
体の回転、フォロースルーともに完璧なスイングでした。

・守備
問題なし。

三浦潤太 遊撃手
再三の難しい打球をさばき、相手の好機の芽を摘み取りました。
次のプレーへの予測ができる無駄のない足さばきとグラブさばきを見せましたし、管理人の周りの観客も感心していましたよ。
攻守ともに大活躍でしたね。


<伊保内>
・投手
目黒拓真 〜5回途中
長身を大きく使い、真上から力強く投げ下ろす左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球には威力がありますね。
今日はボール先行で、四球で走者を溜める苦しい投球になってしまいました。
原因としては、踏み出しがやや安定せず、投球後にバランスを崩す傾向が見られたことでしょうか。
微修正で球威も制球力も格段に向上する見込みが十分あり、非常にポテンシャルの高い投手ですので、卒業後も是非野球を続けていただきたいです。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

・打線
なかなか安打が出ず、スコアリングポジションに走者を進めることができませんでした。

・守備
ワイルドピッチや捕球ミスを連発し、あれよあれよで大量失点となってしまいました。



posted by ティト at 18:57| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。