2015年07月09日

2015岩手の高校野球 注目選手 投手編

高橋樹也(花巻東3年)
パワーロスの少ない綺麗なフォームから、鋭くコンパクトに腕を振って最速140km台後半の糸を引くような快速球と多彩な変化球で三振を量産する左上手。
球威、制球力、スタミナが大幅に向上し、全国に誇れるサウスポーに成長。
最終学年の夏にどこまで大活躍するのか要注目。

千葉大輔(花巻東3年)
軸足で充分にタメを作りつつ、なめらかに体重移動してしなやかに腕を振り下ろす右上手。
最速140km台の速球と緩急二種類の変化球で三振を取れる本格派タイプ。
怪我で苦しんだが復活し、高いポテンシャルの開花間違いなし。

浦島大樹(花巻東3年)
体の回転を生かすフォームから、最速130km台中盤の速球と多彩な変化球を自在に操る横手気味の右スリークォーター。
スタミナ十分で、連投もこなせる先発完投タイプ。
制球が良く、大崩れしない勝てる投手。

杉山晃基(盛大附3年)
全身をしなやかに使うバランスの良いフォームから、最速140km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球を投げ下ろす右上手。
フォロースルーを効かせて投げるボールは威力十分。
筋力を増し、球威大幅アップで夏を迎える本格派。

花森禎樹(盛大附3年)
程よくリラックスした柔らかいフォームから、しっかりと抑えの効いた130km台の速球と多彩な変化球をコーナーに散りばめる右上手。
制球が良く、大崩れしそうにない安定感が特長。
動作が機敏で、フィールディングの軽快さも光る。

臼井春貴(盛大附1年)
力感溢れる体動から、思いっきり腕を振って最速140km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球でグイグイ押す本格派右腕。
まだ1年生ながら、筋力の強いパワーピッチャータイプ。
岩手を代表する投手に成長する予感たっぷり。

佐竹城一郎(一関学院3年)
重心を落としつつ、全身をバランス良く使って最速140km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右上手。
パワーロスの少ない綺麗なフォームが特長で、パワーアップが球威アップに直結するタイプ。
機敏でテンポが良く、野球センス抜群のオールマイティプレーヤー。

佐藤拓斗(一関学院3年)
タメを意識する体動から、腕を鞭のようにスムーズに振り下ろす左上手。
最速130km台の速球に加え、鋭く大きく曲がり落ちる変化球の威力が絶大で、要所で三振を量産できるのが強みの本格派タイプ。
制球が良くスタミナも十分で、大崩れは考えづらい。

佐藤一郎(一関学院3年)
やや担ぐように振りかぶり、鋭く腕を振り下ろして最速130km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる左上手。
球威、制球力ともに大幅に増し、急成長を見せている秘密兵器的逸材。
夏の大躍進も予感できる本格派サウスポー。

犬飼啓太(専大北上3年)
全身をいっぱいに使う力強いフォームから、思いっきり腕を振って最速140kmの速球とキレ味鋭い変化球で三振を取れる右上手。
躍動感たっぷりで、管理人好みの本格派タイプ。
見ていて楽しくなる熱投に要注目。

ミヒニャック晏治英(専大北上3年)
長身を最大限使うダイナミックなフォームから、最速130km台後半の速球と落差のある変化球を投げ下ろす右上手。
変化球の精度と制球力を大幅に増し、完成度を高めて夏を迎える。
ずば抜けた資質の持ち主で、大ブレーク目前。

安保純哉(岩手3年)
機敏でバランスの良い体動から、鋭くコンパクトに腕を振って最速140km台の速球と緩急2種類の変化球を勢いよく投げ込む右上手。
体動が滑らかになり、完投能力が増して勝てる投手に成長。
管理人イチオシの投手で、多くのファンに見てもらいたい逸材。

植松大輔(水沢3年)
筋力の強さを生かした鋭い腕の振りから、最速130km台後半の伸びのある速球と緩急2種類の変化球を自在に操る右上手。
速球で打たせる投球よりも、変化球を有効に使って三振を狙う投球を志向する。
制球が良く、大崩れしない安定感も光る。

中澤優也(盛岡四3年)
全身を力強く使う体動から、最速140kmの速球と落差のある変化球で三振を取れる右上手。
爆発的に腕を振ることのできる身体能力の高さが魅力。
グングン成長を続けるアスリートタイプの逸材。

谷崎周史(久慈3年)
勢いのよい腕の振りから、最速140kmの速球と落差のある変化球との緩急を生かす投球が持ち味の右上手。
躍動感たっぷりで、管理人好みの本格派。
ボールの勢いで打者をねじ伏せる投球を見せる。

菅原昌也(釜石商工3年)
ゆっくり振りかぶり、上体のパワーを生かして力強く腕を振り下ろす右上手。
最速140kmの速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプ。
やや荒削りも、細かいことは抜きに思いっきり腕を振る迫力が魅力。

田村洋人(平舘3年)
重心を落とし、上体の倒し込みとともに力強く腕を振り下ろす右上手。
最速130km台後半の重そうな速球と鋭く曲がり落ちる変化球を低めに集め、連打を許さない。
フォームバランスの良い正統派のオーバースローで、今後の成長も大いに見込める逸材。

森谷秀吾(宮古商3年)
機敏な体重移動と鋭い腕の振りから、最速130km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右スリークォーター。
縦の変化球を生かせるようになり、投球の幅が広がる。
地肩が強く、連投もこなせるタフネス右腕。

佐々木瑞貴(釜石3年)
ゆったりとした始動から、素早く投球動作に入ってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
最速130km台中盤の速球と緩急二種類の変化球を駆使して三振を量産する。
沿岸のドクターKと呼びたい本格派。

前川柊哉(釜石3年)
ゆったりとした始動から、タメを作った後にスナップを効かせて鋭く腕を振り下ろす右上手。
130km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球とのコンビネーションで打者に的を絞らせない投球が持ち味。
同チームの佐々木投手と切磋琢磨しながら成長を続ける。

山口公輔(宮古3年)
体動の滑らかな綺麗なフォームから、最速130km台中盤の速球とキレの良い変化球をコーナーに集める右上手。
一冬越えてパワーを増し、三振を取れる本格派に成長。
制球も安定し、大崩れしない。

藤森淳史(大東3年)
背筋をピンと伸ばして投球動作に入り、しなやかに腕を振り下ろす右上手。
最速130km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプ。
ストンと落ちる変化球の効果は絶大で、コーナーに決まれば攻略は容易ではない。

蔦郁弥(水沢一3年)
トルネード気味にやや上体を捻り、回転力を生かしてスムーズに腕を振る右上手。
最速130km台中盤の速球とキレの良い変化球を四隅に散らす投球が持ち味。
動作が機敏で野球センスの高さが光る。

及川瑠衣(住田3年)
ゆったりとした始動から、スナップを生かしてコンパクトに腕を振る右上手。
最速130km台中盤の重そうな速球と多彩な変化球で打者のタイミングを外す。
大柄な体格でずば抜けたパワーの持ち主。

野坂太郎(盛岡商3年)
重心をしっかりと落として蹴り足を生かしながら、上体の倒し込みとともに力強く腕を振り下ろす右上手。
最速130km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプ。
パワーロスの少ないバランスの良いフォームが特長。

岩崎流星(盛岡市立3年)
ゆったりとした始動から、軸足でタメを作りつつしなやかに腕を振り下ろす右上手。
130km台の速球と緩急二種類の変化球で打者に的を絞らせない。
爆発的に腕を振ることができる身体能力の高さを見せる。

松尾遥大(盛岡三2年)
常時セットポジションから、機敏に体を回転させて鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
130km台の速球と緩急二種類の変化球をコーナーに集めて打者を幻惑する。
キレの良い変化球の精度が高く、容易にはフルスイングさせない総合力の高い2年生。

熊谷世大(一関工3年)
機敏な体動から、鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではないものの、伸びのある速球と多彩な変化球をコーナーに散りばめて凡打の山を築く。
指先感覚に優れ、制球力抜群。

伊藤祐斗(大船渡3年)
常時セットポジションから、機敏に体を回転させてコンパクトに腕を振る左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打者に的を絞らせない。
ブレーキの効いた変化球がウイニングショットで、制球力も良好。

高橋代伍(黒沢尻工3年)
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって思いきり腕を振る右上手。
130km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポよく投げ込む。
躍動感があって小気味よい投球が持ち味。

松本智広(水沢工3年)
ゆったりとした始動から、全身をバランス良く使ってしなやかに腕を振り下ろす右上手。
130km台の速球と落差のある変化球との緩急を生かす投球スタイル。
機敏性が増せば大ブレーク間違いなしのポテンシャルの高さが魅力。

posted by ティト at 18:10| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手野球注目選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック