2015年07月05日

7月5日 社会人野球観戦記 その1

7月5日

全日本クラブ選手権岩手予選 江刺球場第3試合
盛友クラブ 3−2 矢巾硬式クラブ (延長10回サヨナラ)

1点を争う息詰まる投手戦となりました。
延長タイブレークに縺れ込む接戦を制したのは、盛友クラブ。
管理人は、延長タイブレークを初めて見ました。
試合短縮には効果がありそうですが、球運要素が非常に強く、管理人的にはすっきりしない制度です。
日程を予定通り進めるためには仕方がないのかもしれませんが。


<盛友クラブ>
・投手
武田侑二 先発完投
ゆったりとした始動から、スムーズかつコンパクトに腕を振る左上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球を自在に操ります。
鋭く曲がり落ちる変化球は効果大で、これがコーナーに決まれば、なかなかフルスイングできないでしょう。
速球の球速は、目測で最速130km台前後。

・打線
なかなか安打がつながらず、ビッグチャンスはつかめませんでしたが、少ない好機をモノにして点をもぎ取りました。

・守備
悪送球で許した走者が失点につながるなど、反省点はあったと思いますが、要所で好プレーがありましたし、概ねよく守っていたと思います。


<矢巾硬式クラブ>
・投手
大道純人 1回〜6回
左足をあまり上げずに前へスッと体重移動し、素早く腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味ですね。
力感はそれほどありませんが、機敏かつスムーズな体重移動でボールにウエートを乗せているのが好印象。
速球の球速は、目測で最速130km台前後。

広田淳 7回〜10回途中
大きく振りかぶり、力いっぱい腕を振り下ろす右上手。
速球主体に押し、打たせて取る投球を見せました。
肩肘がやや硬そうで、アーム式の投法になっているのが気になりましたが、筋力がかなり強そうで、腕の振りはなかなかパワフルでした。

・打線
再三の好機がありましたが、ここぞでタイムリーが出ずに焦れるような展開でした。
延長10回の一死満塁から無得点に終わってしまったのは非常に痛かったですね。

・守備
問題なし。

posted by ティト at 20:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック