2007年05月11日

5月10日 高校野球観戦記

今日(昨日になってしまいましたが)は花巻球場に行ってきました。車(セダン)
暑くもなく寒くもなく、絶好の野球日和でした。るんるん
3試合観戦してきましたのでさっそく感想を。


第1試合
花北青雲 7−2 遠野緑峰

管理人が球場に到着した時は3回が終了して2−2の同点。
花北青雲は井野場拓美投手、遠野緑峰は菊池雄太投手が投げておりました。
井野場投手はバランスのいいスリークォーターから伸びのある速球を投げ込む好投手。
変化球が決まり出すと簡単には打ち込まれないと思います。
菊池投手は球威でねじ伏せるタイプではありませんが、球の出所の見づらい変則左腕ですね。
まだ肘をうまく使えていないように見えましたが、体重移動はスムーズで、コントロールも良好です。
均整の取れた体格で、まだ2年生とのことなので、今後の成長が楽しみですね。
花北青雲は6回からはエースの伊藤洋太投手へスイッチ。
伊藤投手は腕がしなるように遅れて出てくる変則スリークォーターで、速球が打者の手元でグンと伸びてきます。
変化球の制球も良く、なかなかの好投手ですね。
容易には攻略されない投手でしょう。
花北青雲は高橋健太捕手が投手の良さを引き出していましたね。
フットワークが軽快でキャッチングも巧み。
肩も及第点です。
試合の方は、遠野緑峰のまずい守備もあり、終盤に得点を加えて突き放した花北青雲の結果的には快勝となりました。
花北青雲は打線がやや低調でしたが、機動力で相手守備陣にプレッシャーをかけたことが功を奏しましたね。
遠野緑峰は守備陣が好投の菊池投手の足を引っ張ってしまった格好。
攻撃では2塁ランナーがけん制で2度も刺されてしまったのは本当に痛かったですね。


第2試合
花巻北 9−5 花巻農

投打に勝る花巻北が、序盤に挙げた大量点を3人の継投で守り切り、粘る花巻農を振り切ったという内容。
花巻北の先発は澤田宇利投手。
真上から投げ下ろす綺麗なフォームから伸びのある速球、大きく曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派ですね。
将来性十分の2年生です。
6回途中(だったかな?)からはまた2年生の菊池勇大投手にスイッチ。
スリークォーターから腕が遅れて出てくる変則右腕で、上体が柔らかそうです。
伸びのある速球を投げ込みますが、リリースポイントがやや不安定なので、その辺を改善すればさらに進化できるでしょう。
最終回は3年生の黒川暢昭投手が登板。
やや手投げの傾向がありますが、スリークォーターから威力のある速球を投げ込みます。
体格が良く、馬力がありそうですね。
花巻農は鈴木武大投手が先発。
上体の使い方がうまいスリークォーターですが、下半身を生かしきれていないので、時折制球が乱れる傾向があるようです。
体重移動を重点的にチェックしながら夏までに成長してもらいたいですね。
4回からは1年生の藤井秀紀投手が登板。
体をいっぱいに使い、キャッチャーミットめがけて思いっきり投げ込む小気味のいい力投派ですね。
怖いものなしの気迫が見るからに伝わってきました。
管理人はこういうイキのいい投手が大好きです。
藤井投手が登板してからは花巻北の勢いもピタッと止まった感じです。
攻撃面では花巻北の機動力が光りました。
常に次の塁を狙う意欲が感じられました。
守備面では両チームともやや大味でしたね。
特に花巻農はまずい守備が続出し、大量失点の原因を作ってしまいました。


第3試合
遠野 7−3 花巻南

この試合は投打にわたって遠野の中居翔投手の活躍が目立ちました。
まず投げる方では、威力のある速球とキレのいいスライダーで花巻南打線に的を絞らせず。
この投手は体にバネがありますね。
速球の球速は、管理人の目測ですが最速130km台後半と見受けました。
地肩がずば抜けて強そうです。
欠点としてはリリースが若干早過ぎることでしょうか。
リリースポイントをもう少し前に持ってこれれば、ボールにウエートはもっと乗りますし、球の出所も見づらくなります。
何はともあれ相当なポテンシャルを秘めた投手ではあります。
打つ方ではあわや場外かという特大の1発をレフトスタンドに叩き込みました。
スイングスピードが速く、ボールを捕らえるタイミングも抜群の強打者ですね。
遠野としては中居投手の前にいかにランナーを溜めるかが大量得点を奪うカギでしょうね。
花巻南は佐々木健太投手が先発。
オーソドックスな右上手で、速球と変化球のコンビネーションで打たせて取るタイプですね。
フォームのバランスは良く、コントロールも良いのですが、体重移動が不十分と感じました。
もっと大胆に前方へ体重移動出来るようになれば球威も増してくるでしょう。
攻撃面では花巻南の機動力が目立ちました。
というか今日の3試合に共通して言えることですが、バッテリーがあまりに安易に盗塁を許しすぎているような気がしました。
盗塁を決められることは、バントを決められるよりはるかに大きなダメージですからね。
各チームの盗塁を許さない工夫が見たいところでした。
目立った打者としては遠野の中居投手の他には花巻南の天童捕手でしょうか。
軸のぶれない力強いスイングに感心。
体がしっかりと回転しています。
球種を読む能力にも長けており、中居投手のスライダーをものの見事に捕らえた本塁打は見事。
花巻南の選手は全般的にフットワークが軽快で好選手揃いに見受けましたが、中居投手を相手に7失点はあまりにも大きすぎましたね。


眠気を我慢しながら感想を記載したので少し変な文章になっているかもしれません。あせあせ(飛び散る汗)
あまり細かいところは突っ込まないでくださいね(笑)。


posted by ティト at 00:22| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平日にもかかわらず3試合の感想ありがとうございます。
私も仕事を抜け出してわが校の試合だけ見ましたが、
いやはや情けない試合をお見せしました(^^;
初回と8回にゲッツーを焦って計2エラーし
最終回に代えられた主将がうちの次男でした(笑)
試合途中でイレギュラーを顔に当てたショートの2年生平賀は
最後まで出場した後病院で唇を6針縫ったそうです。
それでも翌々日の試合にフル出場。
情けない主将を補って余りある活躍でした(^-^)

代表を決めた遠野戦はなかなか手に汗握るいい試合でしたよ(笑)
Posted by 風屋 at 2007年05月14日 13:58
こんばんわ、風屋さん。
花巻北の失策は難しいバウンドを合わせそこなった感じでしたので、それほど気にする必要はないものでしたよ。
次男さんはサードの選手ですね。
フットワークも軽快で、スローイングも正確という印象を受けました。
送球ミスは単なる焦りで誰にでもあることですから。
バッティングは、バットにボールを乗せるタイミングが抜群だと思いました。
おそらく容易には三振しない選手でしょうね。
風屋さんのご指導の賜物でしょうか☆
平賀選手は大変でしたね。
管理人も試合後に平賀選手とすれ違ったこともあり、気になっておりました。
県大会までに全快となればいいですね。

遠野戦、見たかったです。
見たい試合はたくさんあれど、体が一つしかないのがつらいとこです(笑)。
Posted by ティト at 2007年05月14日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック