2014年10月25日

2014ドラフト会議

昨日は仕事だったので、ドラフト会議の生中継は見られなかった管理人ですが、ニュースで結果をチェックし、岩手から3人の選手が指名されたことを確認してハイテンションの1日となりました。

ソフトバンクの1位指名で、盛大附属の松本祐樹投手。
ヤクルトの2位指名で、伊保内−東京農大北海道オホーツクの風張蓮投手。
西武の3位指名で、富士大の外崎修汰内野手。

松本投手は、1年時から活躍していた逸材で、管理人も早い段階からプロを狙える選手と当ブログ紹介してきました。
成長してほしい一心で、厳しいコメントばかり載せていたような気がしますが、それだけ期待して見守ってきた選手です。
3年間の努力が実り、甲子園での勝利、そしてドラフト1位という素晴らしい評価を掴み取った松本選手に心からおめでとうの言葉を送りたいですし、自分のことのように大喜びしている管理人です。
投打ともに破格の才能の持ち主です。
プロでの大活躍を期待しています。

風張投手は、伊保内時代から評判の好投手で、高卒即プロでも十分いける実力派でしたが、大学でさらにグレードアップしましたね。
現在は、最速150km台の快速球と鋭い変化球で三振を量産できる本格派右腕という評判が轟いています。手(チョキ)
風張投手の高校2年時、管理人はどうしても風張投手を見たくて、春の地区予選観戦のために県北で前泊して大平球場へ行ったことを鮮明に思い出しました。
期待通りの風張投手の潜在能力を目の当たりにし、大喜びでブログを更新したものです。
大学経由でプロ選手となる風張投手を目標とする岩手球児も今後増えることでしょう。
即戦力という評判ですし、1年目からプロで活躍する姿を是非見せてください。

外崎選手は、今春のリーグ戦でプレーを拝見し、走攻守3拍子揃った好選手であることを管理人も確認しております。
打って良し、守って良し、走って良しで、アスリート型のオールラウンドプレーヤーという印象ですね。スポーツ
機敏性が重要視される野球界のトレンドにあって、外崎選手のような総合力の高い選手は重宝されると思います。
富士大の1年先輩にあたる長距離砲、山川穂高選手とはタイプが異なりますが、西武でともに活躍していただき、岩手のファンを喜ばせてください。野球


「岩手の高校野球 頂点を目指して」を標榜している当ブログは、岩手の高校野球チームの全国制覇達成を究極目標とするブログではありますが、実は、岩手球児のプロ野球選手になりたいという夢を応援するということも、前記に負けないぐらい管理人のブログ運営へのモチベーションとなっています。
試合を見て気になった好選手をブログで紹介し、特長を記載しているのは、選手本人の進化を促したい気持ちは勿論ですが、プロ球団のスカウトへアピールしたい気持ちも多分に含まれています。
注目選手情報のリストアップなどは、管理人が特に力を入れている部分だったりします。

管理人がブログを始めて以降、岩手の選手が毎年のようにドラフト指名されています。モータースポーツ
当ブログの意図とドラフト指名の結果との因果関係は不明ですが、管理人自身としては、大きなモチベーションアップにつながっていることは事実です。
というか、勘違いだとしても都合よく解釈しなければ、ブログをやっている意味はありません(笑)。

上位指名が3人という結果に、上機嫌状態の管理人なのでした。

posted by ティト at 01:17| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
んだんだ。
Posted by 藤村甲子園 at 2014年10月25日 22:31
こんばんわ、 藤村甲子園さん。
お久しぶりです。
これからも情報交換よろしくお願いいたします。
Posted by ティト at 2014年10月26日 00:54

来年の目玉は富士大学の多和田くんですっ!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2014年10月27日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック