2014年10月05日

10月5日 高校野球観戦記 その2

10月5日

秋の高校野球県大会決勝 県営球場第2試合
花巻東 2−1 一関学院

決勝に相応しい1点を争う好勝負。
初回に挙げた2点で主導権を握った花巻東が、一関学院の反撃を1点に抑えて逃げ切りました。


<花巻東>
・投手
高橋樹也 先発完投
特長は先日記載のとおり。
連投となる今日は、球威で押すというよりは、変化球主体で打者にフルスイングさせない投球で、テンポの良さが非常に光りましたね。
制球が安定していましたし、こういう投球ができれば、上位大会での好投も十分に見込めると思います。
速球の球速は、最速139kmの表示。

・打線
じっくりとボールを見極め、開いたゾーンを狙うしたたかな攻撃はさすがでしたが、迫力・決定力不足は深刻ですね。
膠着した曲面を打破する突破力はまだ備わっていないように思います。
パワーアップは、来年までの継続課題としていただきたいです。

・守備
問題なし。


<一関学院>
・投手
工藤幹 1回〜3回
ゆったりとした始動から、重心をしっかりと落としてしなやかに腕を振る右下手。
緩い変化球を駆使して打者のタイミングを外す投球への意識はうかがえましたが、球威がまだ不足している分、引き付けて捕らえられてしまった印象です。
的を絞らせないためにも、シンカー系の変化球の習得など、球種を増やす必要があると感じました。
動作は機敏で野球センスは高そうなので、ソフトバンクの三浦翔太投手以来の本格派サブマリンへの成長が期待できる好素材です。

佐藤拓斗 4回〜6回
特長は先日記載のとおり。
縦に大きく鋭く落ちる変化球の威力は絶大で、打者にフルスイングされる場面はほとんどありませんでした。
東北大会でも好投が大いに期待できますね。

佐竹城一郎 7回〜9回
特長は先日記載のとおり。
球威がありましたし、ボールの抑えもしっかりと効いていました。
体全体を使って投げていますし、他投手にも参考になる理想的なフォームだと思います。
速球の球速は、最速138kmの表示。

・打線
好球必打のストロングスタイルは相変わらず。
自信があったのかもしれませんが、相手投手の決め球である低めの変化球を安易に振りにいっては空振りや凡退を繰り返す展開で、なかなかジャストミートできずにイニングが淡々と進んでしまいました。
このチームの最優先課題が選球眼であることは明らかでしょう。

・守備
細かいミスはありましたが、全体的な動きは非常に軽快です。



posted by ティト at 19:07| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん、皆さん、お久しぶりです!

秋季高校野球県大会は、花巻東を中心に結構ズッタリ見ました!!

森山球場では満塁ホームランの打球をゲット。
でも、すぐ隣で観戦していた一関学院の選手が
『縁起物のボールに触りたい!』って感じで手を伸ばしてきたので
反射的に渡してしまいました。(笑)
そのボール、その後(たぶん)花巻東の関係者に『回収』されていましたが。(笑)

さあ、これから石巻に行ってきます!!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2014年10月24日 07:36
こんばんわ、牧場の投手カトリさん。
管理人も行きたいです・・・。
体が2つあればいいのですが・・・。
Posted by ティト at 2014年10月26日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック