2014年07月14日

7月14日 高校野球観戦記 その1

7月14日

夏の高校野球県大会2回戦 森山球場第1試合
山田 9−3 遠野

管理人注目の好投手同士の投げ合い。
三振量産の展開も、両チームとも守備のミスからのもったいない失点あり。
好機にしぶとく安打を重ねた山田の逆転勝利となりました。


<山田>
・投手
大釋亮 先発完投
長身をダイナミックに使い、力強く腕を振り下ろして重そうな速球主体に押す本格派左腕。
機敏性が不足し、ポテンシャルを発揮しきれていない感じはしますが、しっかりと鍛えれば素晴らしい本格派に成長できるのは間違いありません。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。
時折交える変化球の落差と鋭さも素晴らしく、三振の山を築く見事な投球でした。
まだまだ余力を残しているように思いますし、さらなる才能開花を期待したい逸材です。

・打線
相手エースをしっかりと研究した努力がうかがえ、ストライクからボールになる低めの変化球を概ね見極めながら、甘いコースを狙い打てていました。
三振は多く取られましたが、中途半端なくスイングしていたのが安打につながりましたね。

大釋亮 左投左打
ずば抜けた筋力の持ち主で、重厚なスイングから強烈な打球を放っていました。
注目打者リストアップ相当の強打者だと思います。

・守備
バッテリーエラーなどがあり、余計な失点がありました。
回を追うごとに落ち着きを取り戻し、二回以降は無失点で守り切りました。


<遠野>
・投手
菊池亜聖 1回〜6回、8回〜9回
力みを抑えた程よくリラックスした体動から、コンパクトに腕を振って伸びのある速球と多彩な変化球をコーナーに集める右上手。
上体が立ち気味で手投げ傾向が見られるのが気になりますが、この投手の長所は指先感覚に優れているところ。
球威は抑え気味ながら、緩急自在で的を絞らせない投球を展開し、三振の山を築きました。
序盤のピンチで四球を出してしまったのがもったいなかったです。

菊池健 7回
機敏な体動から、思いっきり腕を振って伸びのある速球主体に打たせて取る右スリークォーター。
勢いよく投げていますし、ボールにウエートは乗っていますね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
走者を出すと貪欲に先の塁を狙うしたたかさを見せて初回に得点を取りましたが、2回以降はなかなか連打が出ず、好機をモノにすることができませんでした。

佐々木凌光 右投右打
瞬発力が強く、少々振り遅れてもインパクトの瞬間に力を込められる押しの強さがありました。

・守備
序盤のイージーミスから大ピンチを招いてしまい、その後も波に乗れませんでした。
ワイルドピッチでの再三の失点も非常に痛かったです。

畑山響生 捕手
ワンバウンドの変化球を捕球できなかった悔しさはあると思いますが、初回のピンチでは見事な牽制球で走者を刺し、ビッグイニングを防いだのは見事。
確かな煌めきは見せてもらいました。



posted by ティト at 15:27| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山田の大釈君、宮古商業の平沼君、宮古工業の有谷君良い選手ですよ。
Posted by 特命係長 at 2014年07月14日 20:00
遠野高校の生徒です。当日はわたしたちも応援に行きました。響くんと凌光はとくにいいプレーを見せてくれたと思います。ことこまかに素敵な事をかいてくれてありがとうございます。負けたけど、わたし遠野高校の野球部はもちろん高校野球が大好きです!これからも高校球児やファンのために書き続けてください!
Posted by きくち at 2014年07月16日 01:04
こんばんわ、特命係長さん。
はじめまして。
これからも沿岸チーム情報をお願いいたします。

こんばんわ、きくちさん。
球場で同じ時間を共有できたことを嬉しく思います。
この日この時の選手たちのプレーは、管理人の記憶にインプットされました。
Posted by ティト at 2014年07月19日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック