2014年07月10日

2014岩手の大学野球 注目選手 投手編

多和田真三郎(富士大3年)
滑らかに体重移動し、しっかり足を踏み出しつつ上体の倒しこみを利用して鋭く腕を振る右スリークォーター。
最速140km台後半の速球と緩急2種類の変化球で三振を量産する本格派タイプ。
文句なしのドラフト候補。

小野泰己(富士大2年)
ゆったりと始動し、タメを作ってから大胆に前へ体重移動しつつ思いっきり腕を振り下ろす右上手。
最速140km台中盤の速球主体に力で打者をねじ伏せる本格派。
鋭く曲がり落ちる変化球の効果も高く、今後の飛躍が期待できる逸材。

西村拓真(富士大2年)
担ぐように胸を張り、爆発的に腕を振り下ろして最速140kmの速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右上手。
腕の振りが非常にシャープで、ボールのキレも素晴らしい。

日野玲央奈(岩手大4年)
常時セットポジションから、体をいっぱいに使って一球一球力強く投げ込む力投型の左上手。
最速130km台後半の勢いある速球と、鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプ。

浅沼伸茂(盛岡大4年)    花巻農出身
長身を大きく使い使いつつ、力強くコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
力感があり、最速130km後半の速球で押す本格派タイプ。
変化球が抜け気味になるのが課題も、ポテンシャルは十分の好素材。

久保真大(青森中央学院大4年) 盛岡中央出身
ゆったりとした始動から、鋭く腕を振って最速130km台後半の速球とキレの良い変化球を投げる右スリークォーター。
鋭く横滑りする変化球は効果十分で、要所で三振を取れるタイプ。



posted by ティト at 21:55| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手野球注目選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック