2014年05月14日

大谷翔平投手 プロ初完封

5月13日の日本ハム−西武で、花巻東出身の大谷翔平投手が見事な完封勝利。

この試合の速球の球速は、最速158kmだそうです。

北海道旅行&札幌ドーム観戦を本気で考え始めた管理人です。

試合動画など、下記リンク先をご覧ください。

5月13日 日本ハム−西武 動画等こちらをクリック


posted by ティト at 00:13| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん、おひさしぶりです。LAです。海外からインターネットのリアル中継で見てたのですが、大谷君の完封勝利は本当に感動しました。6回、7回、8回とイニングが0更新を刻んでいくごとに、もしかしたらと思っていたのですが本当にやってくれましたね。栗山監督が以前、1年目は打者に比重を置き、2年目は投手に比重を置き、3年目で投打の二刀流を完成させたいと言っておられました。完封した瞬間、球場のファンがすごく喜んでいた瞬間を見てこちらも本当に感動しました。実は栗山監督がこの試合の前日、以前、岩手出身で沢村栄治とバッテリーを組んでいた久慈次郎氏の墓参りに行ってるそうです(久慈次郎氏のお墓は函館市内にあるそうですね)。天国から見守って試合を見ていた久慈氏も、きっと沢村栄治と大谷翔平が重なって見えていたんじゃないでしょうか。投げるごとに打つごとに見るごとに、どんどん成長している大谷くんから今後も目がはなせません。今後は交流戦もあり、大谷君のリアル二刀流を非常に楽しみにしています。それから最後に菊池雄星君に一言。今は苦しいだろうけど、いつかきっと抜け出せると思う。岩手県民はみんな雄星の味方だし応援してる。雄星頑張れ!
Posted by LA at 2014年05月14日 11:41
こんばんわ、 LAさん。
大谷選手は、高いレベルの中に身を置くことでより大きく成長できる選手です。
しかし、高卒2年目でこれほどのパフォーマンスを見せる選手は、プロ野球史上でも初めてなのではないでしょうか。
函館は、久慈次郎さんや石川啄木さんなど、岩手の偉人ゆかりの地ですし、今回の大谷投手の好投でますます岩手との縁が深まったような気がします。
雄星投手は、今が苦労の時。
必ず調子は上向いてくるはずです。
私も応援しています。
Posted by ティト at 2014年05月14日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック