2013年07月10日

2013岩手の高校野球 注目選手 投手編

岸里亮佑(花巻東3年)
程よくリラックスしたフォームから、腕を綺麗に振って最速140km台の糸を引くような速球と落差のある変化球との緩急を生かす右上手。
身体能力抜群で、瞬発力溢れるアスリートタイプ。
打者としてのセンスも優れる二刀流プレーヤー。

中里優介(花巻東3年)
パワーロスのないバランスの良いフォームから、最速130km台後半の速球と多彩な変化球をコーナーに集める左上手。
全ての球種の精度が高く、容易には連打を許さない安定感が光る。
大崩れの考えづらい勝てる投手。

河野幹(花巻東3年)
長身から投げ下ろす最速130km台後半の速球と、鋭く曲がり落ちる変化球で打者をねじ伏せる本格派左腕。
調子が出てくると、三振をぽんぽん取れる小気味よい投球が魅力。
今春までの公式戦登板は少ないものの、実力には太鼓判を押す。
多くのファンに見てほしい。

細川稔樹(花巻東2年)
やや上体を捻り、スムーズに体を回転させて最速130km台の速球とキレの良い多彩な変化球をコーナーに集める左スリークォーター。
落ち着いたマウンドさばきと、ストライク先行で安定感が魅力の頼れる2年生。

及川豪(盛大附3年)
体をいっぱいに使い、力強い腕の振りを効かせて最速130km台後半の速球と多彩な変化球をテンポ良く投げる左スリークォーター。
全身を使うフォームにフォロースルーが加わり、球威は大きく向上。
制球力も抜群で、大崩れは考えづらい。

松本裕樹(盛大附2年)
しっかりと体の回転を生かす体動から、最速140km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右上手。
指先感覚に優れ、しっかりと抑えの効いたボールがコーナーにビシビシ決まる。
躍動感が増せば大いに楽しみで、魅力たっぷりの成長株。
岩手を代表する投手になるであろう将来性抜群の2年生。

大城英也(盛大附3年)
柔らかくバネのある体動から、コンパクトかつしなやかに腕を振って130km台の速球主体にテンポ良く打たせて取る右スリークォーター。
フォロースルーがしっかりと効いており、糸を引くような伸びのある速球がびしっと捕手のミットに収まる。
どんどん伸びている成長株。

土井堅斗(盛大附2年)
機敏に体を回転させ、コンパクトに腕を振って最速130km台の速球と鋭い変化球をテンポ良く投げ込む左上手。
フォームに勢いがあって小気味の良さが光る2年生。

白鳥翔(一関学院3年)
長身から投げ下ろす最速140km台の速球と落差のある変化球に威力のある大型右腕。
機敏性はまだまだながら、パワーはずば抜けており、ポテンシャルに満ち溢れる逸材。
怪我により春の登板はわずかながら、夏の本領発揮に期待大。

佐々木太一(一関学院3年)
全身をいっぱいに使う躍動感のあるフォームから、最速130km後半の速球と切れ味鋭い変化球で打者をねじ伏せる右上手。
投球術は発展途上も、筋力が非常に強く、身体能力の高さは一目瞭然。
試合経験を積めば必ず伸びる。

樋口朝陽(一関学院3年)
ゆったりとした始動から、やや担ぐような投法でコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
緩急二種類の変化球を低めに集め、打者にフルスイングさせない投球術の持ち主。
体全体を使う投法が身につき、球威を増して夏を迎える。

長鈴悠平(盛岡四3年)
しなやかな身のこなしから、円盤を投げるようなイメージで体を回転させて勢い良く投げる右スリークォーター。
最速130km台の速球とキレの良い変化球をコーナーに投げ分け、ストライク先行のテンポの良さが光る。
大崩れの考えづらい勝てる投手。

晴山光(花北青雲3年)
機敏な体動から、鋭くコンパクトに腕を振って最速140km台の速球とキレの良い変化球を投げ込む右上手。
縦に落ちる変化球を習得し、三振を量産できる本格派に成長。
チームの浮沈の鍵を握る大黒柱。

斉藤弘(専大北上3年)
ゆったりとした始動から、思いっきり腕を振って最速130km台後半の速球でグイグイ押す右上手。
鋭く曲がり落ちる変化球がコーナーに決まれば、容易には連打されない球威の持ち主。
力投型で、前半から飛ばしていくタイプ。

渡辺悠行(水沢3年)
全身を使う躍動感十分のフォームから、最速130km台の速球と多彩な変化球で的を絞らせない投球が持ち味の右上手。
緩急2種類の変化球でストライクも空振りも取れるのが強み。
要所で三振を取れる本格派。

遠藤祐亮(水沢3年)
恵まれた体格を生かし、しっかり前に体重を乗せるフォームから、最速130km台の速球とキレの良い変化球をコーナーに集める右上手。
フォロースルーまで意識したバランスの良さが好印象。
馬力も十分。

小野寺貴紀(一関一3年)
機敏な体動から、腕をコンパクトに鋭く振り下ろし、最速130km台の速球と緩急二種類の変化球をコーナーに集める右上手。
体全体をうまく使うボディバランスの良さが魅力。
ウイニングショットとなるスライダーは、抜群の切れ味を誇る。

佐藤滉記(盛岡市立3年)
ゆったりとした始動から、しっかりとタメを作って力強く腕を振り下ろす右上手。
最速130km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派。
体全体に力感があり、スタミナも十分なタフネスエース。

山崎滉(釜石商工3年)
ゆったりと振りかぶり、美しい体動から、最速130km台後半の速球と落差のある鋭い変化球で三振を取れる右上手。
パワーロスのないバランスの良い体動で、見るからに投球センス抜群。

三浦雄馬(釜石商工3年)
全身をいっぱいに使う力感たっぷりのフォームから、最速140kmの速球でぐいぐい押す本格派右腕。
スタミナ配分等の細かいことを抜きに、初回から思いっきり飛ばす豪快さが小気味よい。
鋭い変化球を習得できれば、投球バリエーションは大きく広がる。

花崎尚(大船渡東2年)
トルネード気味に上体をひねり、体の回転を生かしながら腕を綺麗に振り下ろす右上手。
力感はまだまだながら、最速130km台の糸を引くような伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球の精度は非常に高い。
将来楽しみな管理人イチオシの2年生。

清川航矢(盛岡三2年)
躍動感たっぷりのフォームから、思いっきり腕を振って最速130km台後半の速球と緩急二種類の変化球で打者をねじ伏せる右上手。
初回からグイグイ飛ばしつつ、9回まで投げきれるずば抜けた馬力を持つ2年生。

紺野大(大船渡3年)
ゆったりとした始動から、上体の倒しこみとともに鋭く腕を振って最速130km台の速球とストンと縦に落ちる変化球を投げ下ろす右上手。
体動がしなやかで投球センス十分。

田村豪(大船渡3年)
上体をややひねり、回転力を生かして力強く腕を振る右上手。
最速130km台の速球と緩急二種類の変化球を駆使して丹念に打たせて取る安定感が光る。

村上直人(高田3年)
機敏な動作から、鋭く体を回転させてコンパクトに腕を振る右横手。
体動の勢いを生かして最速130km台の速球と多彩な変化球を操る。
スリークォーターや上手からも投げることがあり、投球バリエーションの豊富さも魅力。

阿部将徳(遠野3年)
機敏な体動から、腕を鋭くコンパクトに振って最速130km台の速球と鋭い変化球をコーナーに集める右スリークォーター。
スナップの強さで軽々と伸びのあるボールを投げるポテンシャルが光る。

藤平渉(不来方3年)
全身をいっぱいに使う豪快なフォームから、しなやかに腕を振って伸びのある速球と多彩な変化球を駆使して打者にフルスイングさせない左上手。
抑えのきいたボールがコーナーにしっかり決まる捕らえどころのない技巧派。

柏崎翔大(大槌2年)
ゆったりとした始動から、上体の倒し込みとともに爆発的に腕を振り下ろす右上手。
ウエートを乗せて投げる最速130km台の速球と、緩急二種類の変化球のキレも抜群。
身のこなしがしなやかで、投球センスの良い2年生。

佐藤正典(一関修紅3年)
体をいっぱいに使うフォームから、勢い良く腕を振り下ろして最速130kmの速球と鋭く曲がり落ちる変化球を投げ込む左上手。
ボールにしっかりとウエートを乗せ、要所で三振を奪う投球が持ち味。

千葉恭兵(盛岡商3年)
全身をバランス良く使い、しなやかに腕を振り下ろして最速130km台の速球とキレの良い変化球を投げ込む右上手。
フォロースルーを十分に効かせた、打者の手元で伸びてくる速球が持ち味。
打撃も良く野球センスは非常に高い

上野俊輔(盛岡商3年)
低い重心から、機敏に体重移動させて最速130km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右上手。
下半身の体重移動を意識しながら、体全体の力を爆発的に使う躍動感が魅力。
管理人好みの本格派タイプ。



posted by ティト at 01:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手野球注目選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック