2013年03月23日

3月23日 盛大附属 センバツ初戦

3月23日

2013センバツ 2回戦
盛大附属 4−3 安田学園 (9回サヨナラ)

勝利の余韻で気持ちが高ぶり過ぎ、なかなか更新に手を付けられませんでしたが、ニコニコ顔で今パソコンに向かっています。わーい(嬉しい顔)
苦しい試合だっただけに、喜びもひとしおです。演劇
もうちょっと自分の世界に浸っていたいので、今日は短めの感想で勘弁願います。

まず、松本裕樹投手ですが、普段通りの投球を見せてくれました。
普段通りの実力を甲子園で発揮するのが一番難しい。
新2年生ながら、非常に落ち着いたマウンドさばきでした。猫
本当に頼もしい投手です。手(チョキ)
相手打線は、待球戦法やバント多用などで松本投手の乱れを狙ってきましたが、常にストライク先行でしたし、フィールディングも軽快そのもの。るんるん
大崩れする気配をまったく見せませんでしたね。
本塁打を打たれたボールは失投でしたが、これは相手打者を褒めるべきでしょう。

リリーフ登板の及川豪投手も、1球で打者を打ち取る見事な火消しぶり。禁煙
9回裏のサヨナラ勝利につなげてくれました。位置情報
1球のみのテレビ観戦でしたが、昨秋に比べてフォームバランスが格段に良くなっているのは見て取れました。
スムーズな体動と腕の振りから繰り出されたキレの良い1球には、冬期間の努力が濃縮されていたように思います。

打線は、正直いまひとつでした。
好機は頻繁につかむものの、なかなか連打がつながらず、見ていて焦れるような試合展開。
各選手とも、スイングの力感は、昨秋に比べて段違いにアップしているのは間違いありません。
しかし、踏み込みが甘く、ミートポイントをバットの外側にずらされてしまうような打球が大半となりました。
そんな中で、三浦智聡選手の鋭い打球は際立ちましたね。ダッシュ(走り出すさま)
少々強引に引っ張りましたが、しっかり踏み込む巻き込むようなスイングで体全体の力を生かしていました。
望月直也選手の本塁打は、文句なしの完璧な一発。
甘く入った変化球を見逃さずに仕留めてくれました。パンチ
豊田祥之選手の勝負強い打撃にも救われました。
ファウルフライを相手守備が落球した後の打ち直しで、貴重な2点タイムリー。
管理人は思わずガッツポーズでした。手(グー)
菜花大樹選手の打撃センスも素晴らしいです。
イチロー選手を思わせるよな、フォロースルーの非常に綺麗なスイングですね。
今後の岩手を代表する打者に成長する予感がする新2年生です。ぴかぴか(新しい)
この試合の盛大附属打線全般の中で一番褒めたいところは、ボールになる低めの変化球に安易に手を出さなかったことでしょうか。
なかなか安打が出ないからといって、焦ってボール球に手を出すパターンを、管理人は試合中に一番恐れていました。
最初に言ったように、打線の調子は全体的にはいまひとつで、大量点とは行きませんでしたが、甲子園で戦ううえでの確かな手ごたえを感じさせてくれました。ひらめき

守備は文句なしです。手(パー)
松本投手が非常に安定していましたし、リズム良く守りきれましたね。
ミスからの余計な失点を許した安田学園と今回の盛大附属。
甲子園では、わずかなミスが勝敗に直結することを、当然ながら再認識した次第です。

盛大附属の選手の皆さん、本当におめでとう。グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)
管理人も、おめでとうを言えることに幸せを感じています。

しかし、一度だけのおめでとうでは物足りません。ダッシュ(走り出すさま)
もっともっとおめでとうを言わせてくださいね。猫



posted by ティト at 20:37| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
甲子園初勝利おめでとうございます。
これで勢いに乗って優勝してほしいものです。

組み合わせ的には次の敦賀気比高校を破ればもしかして・・・と思ってしまいます。

ただし敦賀気比高校の打力は間違いなく盛附より上だと思います。
しかし投手力と守備力で逆転できると信じています。

少し気になるのは、思い切りのいいスイングはいいのですが何人かの選手が振りにいくまでの呼込む動きが大きすぎで頭まで大きくぶれているのが心配です。
本家の光星学院は、頭はあまり動いていないと思うのですがいかがでしょうか?
Posted by 目指せ日本一 at 2013年03月26日 21:26
管理人さん、みなさん、こんにちは。

バックネット裏で観戦(応援)した10年センバツの、寒い雨中での敗戦を未だに忘れられません。
そして、試合後、選手や監督から立ち登る“悔しさ”のオーラを、私も共有して来たつもりです。

敗戦の悔しさは、やっぱり“勝利”でしか雪げません。
あの10年センバツの“悔しさ”は、この春の1勝で払拭できた!!

さあ、まだ“9勝分”の仮りが、甲子園には有る!!!
これ、優勝2回分の“貯金”だと思いますよ〜〜〜

ひとつだけ。
松本くんのホーム返球刺殺は素晴らしかった!!!
10年センバツでもセンター白石くんの“バックホーム好返球”が球場をドヨメカせた事を思い出しました。

Posted by 牧場の投手カトリ at 2013年03月31日 09:01
こんばんわ、目指せ日本一さん。
一冬越えて振る力は大きく向上しましたが、精度は夏までの課題でしょう。

こんばんわ、牧場の投手カトリさん。
おっしゃるとおり、まだ借りは返せていません。
松本投手は、投打ともに盛大附属の中心選手になっているといってもよいでしょう。
Posted by ティト at 2013年04月19日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック