2012年07月18日

7月18日 テレビ観戦

<盛大附属>
出口心海
全身を大きく使うダイナミックなフォームから、威力十分の速球と緩急二種類の変化球で威圧する本格派左腕。
管理人がブログであれこれ言っている効果があるのか(笑)、全身の使い方はかなりバランス良くなっています。
それほど力まなくても軽々と威力のあるボールを投げられるようになっていると思います。
完投能力及び連投能力は間違いなくアップしているでしょう。
高い自己修正能力の持ち主であることがわかりましたし、まだまだ伸びることも見込まれます。
今日は結果的にはほぼ完璧な投球でしたが、あまりにも真ん中で勝負し過ぎているのが気になりました。
甲子園で勝てる投手を目指すのであれば、四隅を狙ってストライクを取れるようにならなければなりません。
より高いレベルを貪欲に目指してもらいたいと思います。

二橋大地
巻き込むように振り切るスイングは強烈です。
レフトスタンドあわや場外の大ホームランに驚きました。


<大船渡>
田村豪
ゆったりとした体動ながら、軸のぶれない安定したフォームから、伸びのある速球と多彩な変化球を散りばめる右上手。
フォーク系の変化球をしっかりと制球できる器用さに感心しました。
二年生ながら投球の完成度は高いですね。
悪い投球ではありませんでしたが、盛大附属打線の迫力が一枚上手でした。
苦い経験を糧に必ず伸びてくる投手だと確信しています。

紺野大
背筋がピンと伸びた綺麗なフォームから、しなやかに腕を振って伸びのある速球と落差のある変化球を投げ下ろす右上手。
フォーク系の変化球やチェンジアップも投げられるようで、この投手もかなり器用ですね。
なかなか資質の高い二年生です。

宮田勝輝
スムーズな体動から、腕を鞭のようにしなやかに振る右スリークォーター。
鋭く曲がり落ちる変化球の効果は抜群ですね。


<一関学院>
鈴木匡哉
試合を重ねるたびに躍動感が増していますね。
威力のあるボールがビシビシとコーナーに決まっていました。
進化の底が見えない投手です。


<水沢>
小野寺拓
パワーロスの少ない理想的なフォームバランスから、伸びのある速球とキレの良い変化球をコーナーに集める右上手。
鋭く落ちる変化球でストライクも空振りも取れるのが魅力ですね。
完成度は非常に高く、卒業後の野球ステージでも即戦力として活躍できると思います。



posted by ティト at 23:48| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニ橋君の豪快なスイングは本当に気持ちいいですね。
大谷君との対決を見たいです。

プロや大学でも続けてほしいので、外角球の克服と守備がよくなれば十分活躍できると思います。
Posted by 藤村甲子園 at 2012年07月19日 11:05
こんばんわ、藤村甲子園さん。
豪腕対豪打の対決。
本当に楽しみです!
Posted by ティト at 2012年07月24日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック