2012年07月06日

2012注目チームJ

注目チーム紹介もいよいよ最終回です。
今回は複数のチームをまとめて紹介する形となります。


まず、今春ベスト8の盛岡市立は、安定した投手陣と活発な打線で総合力の高いチームです。
篠村颯人投手は、バランスの良いフォームから、キレの良い変化球の制球が良く、失点を計算できる右上手。
藤澤一輝投手は、球威で押すタイプではありませんが、癖のない綺麗なフォームから、落差の大きい変化球で打者のタイミングを外す技巧派左腕です。
打線は、大物打ちはいないものの、しぶとく連打をつなぎ、機動力を絡めてしたたかに得点を絡めるスタイルです。

高田は、厚い選手層の中から、センス十分のメンバーを揃えます。
川原拓磨投手は、機敏な体動から、コンパクトに腕を振って伸びのある速球と多彩な変化球をコーナーに決める右横手。
村上直人投手は、川原投手に似たフォームで、制球の良さが光ります。
力の加減が絶妙で、緩急ある投球で打者を幻惑する捕えどころのない投手ですね。
打線は、長距離打者はいないものの、上位下位切れ目がありません。
機動力野球がチームカラーのようで、積極的に盗塁を仕掛けてくる印象です。
守備は、全く問題なし。
十文字瞭太捕手は、機敏なフットワークと強肩が光る好捕手です。
佐藤央祐遊撃手は、体さばきが華麗で、すっと打球に体を寄せ、柔らかいグラブタッチで打球の勢いを吸い取ります。

大東は、強力投手陣を前面に出して甲子園を狙います。
吉田悠平投手は、長身をしなやかに使い、130km台後半の速球と落差のある変化球をテンポ良く投げる右上手。
ポテンシャル十分の逸材です。
吉田大夢投手は、球威はそれほどありませんが、しっかりと抑えの効いた伸びのある速球とキレの良い変化球を四隅に散りばめる技巧派左腕です。
玉澤靖士投手は、長身から投げ下ろす最速130km台後半の速球で押す本格派右腕です。
非常にパワーがありますね。
打線は、ファーストストライクを積極的に狙うストロングスタイルです。

一関二は、本格派の熊谷俊太郎投手を擁し、打線も力強いチームです。
熊谷投手は、長身をダイナミックに使い、最速140kmの速球と鋭い変化球で三振を取れる右スリークォーター。
体動にパワーロスはあるものの、馬力に溢れ、余力たっぷりの魅惑の大器です。
打線は、荒井貴文選手、熊谷俊太郎選手など、主軸は一発長打の魅力があります。
全体的に荒削りながら、筋力の強い選手が多く、夏までに大きく伸びる予感が漂いますね。

他にも楽しみなチームはたくさんあり、失点を計算できる本格派2枚と打線にも力のある一関一、管理人イチオシの本格派山崎滉投手を擁してのびのび野球が持ち味の釜石商工、投攻守の総合力が高く仕上がりが非常に良い水沢一、本格派佐々木海斗投手と強力打線で急上昇中の水沢商、大型選手を揃え投打にポテンシャル十分の盛岡一、投打に注目選手が多く総合力で勝負する水沢工など、シード校を脅かす力は十分持っています。
また、取られたら取り返す攻撃野球の福岡、厚い選手層から好選手目白押しの大船渡、投打に才能が開花しつつある盛岡北、破壊力十分の打線を持つ釜石、総合力が急ピッチで仕上がる久慈、本格派2枚と得点力十分の打線を持つ花巻南、センスの良い選手が揃う大船渡東、強力打線の久慈工、安定した投手陣と機動力野球の花巻北、タイプの異なる好投手2枚を擁する岩谷堂など、要チェックのチーム目白押しです。

まだまだ取り上げるべき好チームはあるかと思われますが、管理人の情報不足もあり、ここで打ち止めとさせていただきます。
皆さんおすすめのチームがありましたら、是非教えてください。


前々から少しずつ準備はしているのですが、注目チーム紹介と注目選手のリストアップは、毎年大会前ギリギリセーフの状態です。
今年は、開幕が例年よりも早く、まさにいっぱいいっぱいの状態です。あせあせ(飛び散る汗)
本当に時間がない・・・。

あとは注目選手情報を仕上げるのみ。
明日の開幕前までになんとかします。ダッシュ(走り出すさま)

posted by ティト at 23:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック