2006年08月21日

夏の甲子園 決勝 パート2

早稲田実 4−3 駒大苫小牧


早稲田実 悲願の全国制覇達成位置情報


今日も昨日に続いて本当に素晴らしい試合でした。ぴかぴか(新しい)
高校野球の素晴らしさを再認識させてくれた両チームの選手達に感謝です。
やっぱり高校野球っていいものですね。わーい(嬉しい顔)
とにかく両チームの選手達、特に斎藤投手と田中投手にはゆっくり休んでもらいたいです。


今日の試合の先発は早稲田実は4連投の斎藤投手、駒大苫小牧は田中投手ではなく昨日に続いて2年生の菊地投手。
菊地投手はや制球に苦しみ、初回に1点を失ったところで早くも田中投手にスイッチ。
エース同士の投げ合いとなった。
1、2回と1点づつ奪い、早稲田実が試合のペースを握ったが、6回表には駒大苫小牧の三谷選手のソロホームランで2−1。
試合はわからなくなったが、今度は6回裏、7回裏に1点づつ奪った早稲田実が勝利を大きく引き寄せる。
斎藤投手の出来を考えると勝負あったかと思うような展開だったものの、駒大苫小牧は最終回に意地を見せる。
中沢選手の2ランが飛び出し、あっという間に1点差。しかもまだノーアウト。
もしやという雰囲気が漂ったものの、斎藤投手が最後の力を振り絞って後続を3人で打ち取り、ゲームセット。
田中投手のボールをしっかり見極めて甘いストレートに的を絞ってきた早稲田実打線に対し、駒大苫小牧打線は斎藤投手のボールを最後まで見極めることができずにワンバウンドになるスライダーを振り続けてしまった。
駒大苫小牧打線は斎藤投手のスライダーを打ち返すことにこだわりすぎていたように見えた。


今日も斎藤投手、田中投手との息詰まる投手戦となりましたね。ひらめき
斎藤投手は今日もほぼ完璧なピッチングでした。
本当に4連投の投手なのか目を疑ってしまうような素晴らしいピッチング。
速球の伸び、変化球のキレ、コントロールともに文句なし。ダッシュ(走り出すさま)
はっきり言って失投すらほとんどないパーフェクトに近い投球内容。
喫した2本のホームランは相手の打者の方がうまく打ったという感じ。
ワンバウンドになるスライダーで面白いように空振りを取れました。
昨日に続いて最終回に150km近い速球を投げ込む怪物ぶり。
力の入れ方、休み方をわかっているからできる投球です。
その学習能力は管理人の予想をはるかに上回るものなのでしょう。
田中投手はやはり本調子ではなかったものの、持てる力は十分に発揮できたのではないでしょうか。
躍動感が失われながらも、その中で自分の体を上手に制御できたように思います。
斎藤投手と比べれば失投はかなり多かったと思いますが、威力のある速球と変化球は容易には捕らえられませんでした。
わずか3失点は誰にも責められるものではありません。
9回裏2アウト、最後の打者となった田中投手と斎藤投手のライバル対決は見応えがありましたね。グッド(上向き矢印)
斎藤投手渾身のストレートで空振り三振。
田中投手の納得したような表情が印象的でした。
両者は間違いなくプロで活躍できる選手です。exclamation×2
これからも良きライバル関係でいてもらいたいですね。わーい(嬉しい顔)


早稲田実は初優勝。
なお、早稲田実は夏の選手権第1回大会から参加している伝統校とのことなので、多くの卒業生達にとってもまさに悲願の初優勝だったことだろう。
駒大苫小牧は73年ぶり史上2校目の3連覇を惜しくも逃した。
しかし管理人的にはそんなバックボーンはどうでもいい。
今を生きている若者が力の限り戦った。
それ以上でもそれ以下でもない。
美しい青春は彼らだけのものだ。
管理人はこの素晴らしい戦いを見せてくれた彼らにただただ感謝するのみ。ぴかぴか(新しい)


posted by ティト at 23:56| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

早稲田が駒沢の連覇を止めた その2
Excerpt: ・第88回全国高校野球選手権大会決勝再試合早稲田実 4−3 駒大苫小牧早稲田実は初優勝勝った早実も負けた駒苫も立派でした。ゆっくり休んで兵庫国体でまたで暴れてください。タイトルの「その2」とは、htt..
Weblog: 万歩計日記
Tracked: 2006-08-22 22:21