2011年07月02日

7月2日 社会人野球観戦記 その2

7月2日

都市対抗野球岩手予選 花巻球場第3試合
水沢駒形野球倶楽部 13−0 JR盛岡 (7回コールド)


打線爆発の水沢駒形野球倶楽部が、強豪JR盛岡を粉砕し、よもやのコールド決着となりました。



<水沢駒形野球倶楽部>
・投手
佐藤功也 ?〜6回
ゆったりとしたフォームから、腕をしなやかに振って伸びのある速球と緩い変化球のコンビネーションが持ち味の右上手。
本格派として期待している投手ですが、球威がなかなか増してこないのが管理人としては不満です。
力まずに打たせて取っていたので安定感はありました。

千葉隼 7回
柔らかいフォームから、コンパクトに鋭く腕を振って威力のある速球で押す右上手。
三人でピシャリと抑えて試合終了でした。

・打線
各打者とも選球眼が良く、甘いボールを鋭く捕らえていました。
本郷智之選手、深井展広選手、新渡戸真選手は、力強い打球を放っていました。

・守備
問題なし。


<JR盛岡>
・投手
金野寛 ?〜5回
低い重心から糸を引くような綺麗な速球とキレの良い変化球をコーナーに決める右横手。
コントロールが良く大崩れしそうにない安定感がありますね。

滝田大将 6回
力強い腕の振りを生かして速球主体で押す右上手。
かなり地肩が強そうですが、若干手投げ気味で体の回転はあまり効いていない感じですね。
球威はありますので、パワーロスの見られるフォームを微修正しながら経験を積めば楽しみな素材です。

中屋敷将直 6回
機敏なフォームから、腕を鋭く振って伸びのある速球と緩い変化球を投げる左上手。
ややアーム式の投法ながら、体動の勢いで投げるタイプですね。

那須野淳 7回
大きく体を使い、体動の勢いで投げる左上手。
球威で押すタイプではありませんが、フォームの迫力で打者は差し込まれてしまう感じでしょう。
パワーロスは大きいですが、小気味の良い投手ですね。

・打線
目立った好機はありませんでした。

・守備
問題なし。



posted by ティト at 23:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック