2011年04月12日

春の大会について

新聞記事と県高野連HPを見ましたが、春の高校野球東北大会は中止と決まったようです。
県大会については、県高野連が19日に開催可否を議論するとのこと。

このことについて、皆さんはいかがお考えでしょうか?
管理人は、艱難辛苦を乗り越え、県大会を開催していただきたいと願います。

沿岸のチームは、練習もままならない状況だと聞き及んでおります。
そういう状況の中で、大会を行うことは困難だと考えることも当然あるでしょう。
生活復興が最優先なのは当たり前です。

しかし、準備不足であっても公式戦を行いたいという球児の想いは厳然とそこにあります。
沿岸のチームに所属する多くの選手が、試合をしたいと願っているということも聞き及んでおります。
苦難を乗り越え、野球をやりたい、甲子園を目指したいという球児の想いを尊重したいのです。

公式戦は、球児にとって甲子園を目指すうえでの貴重な経験の場です。
春の大会を行わないことにより、練習試合もろくに組めていない沿岸のチームは、内陸のチームと比べて実戦経験の差がますます広がりかねません。

本来、春の県大会に地区予選はつきものなのですが、今回に限り、沿岸のチーム全てにフリーパスで県大会出場権を与えてもよいのではないかと個人的に思います。
東北大会が中止になったことから、県大会の出場チームを増やして長めの期間で大会日程を組んでいただきたいと考えます。

皆様のご意見も是非お聞きしたいです。



posted by ティト at 00:11| 岩手 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地区予選は例年GW〜その翌週です。
今回の県大会開催検討は「自粛」というよりも
入学式や始業式が大幅に遅れた学校スケジュールにより
日程を取るのが難しいという側面もあるかと思います。
私立などはいまだ入学式もできていない状態のようですから。
また急遽日程を変えたりしても球場や宿舎が取れなかったり。

沿岸のチームが内陸部で試合するには
やはり宿舎の問題が出ると思うのですが、
被災されているご家庭などでは経済的側面もあるでしょう。
どこかの宿泊施設に協力を願うとしても時間が無さ過ぎるし、
少しでも観光客を入れないと経営も危うい。

東北大会中止も含め、
そういう周辺事情が影響しているのだと思います。
実際、顧問の先生方は授業や学校行事の日程変更で
対応に追われ、大会運営まで手が回らないでしょう。
(実際に大会を実行しているのは先生方なので)
Posted by 風屋 at 2011年04月12日 09:06
追伸

もう少し落ち着かないと大会開催は難しいと思いますが、
春の県大会が実施となれば英断だと思うので応援したいし、
夏の大会までには周辺事情が何とか落ち着いてくれることを
願うばかりです。
(強い余震などがまだ続くようなら
 観客の避難誘導なども開催のネックになると思いますし)
Posted by 風屋 at 2011年04月12日 09:08
中止になって喜ぶ人はいません。大変だけど絶対できます。やりましょう!!
Posted by 沿岸復興 at 2011年04月12日 19:00
ある有力筋からの話ですと沿岸地区からの
強い要望でスケジュールどおり開催との話です。

支援物資も内陸地区の学校を中心にすでに届けて
あるとの事です!
がんばろう!岩手の高校野球!!
Posted by 通りすがり at 2011年04月13日 10:10
こんばんわ、風屋さん。
さまざまな課題は予想されますよね。
しかし、そういった苦しい状況の中で春の大会を行うことにこそ価値があるのではないかと思っています。
学校関係者だけに苦労を押し付けず、我々ファンを含めた多くの人間ができるかぎりの支援を行い、あるはずの日常を取り戻していきましょう。

こんばんわ、沿岸復興さん。
心強いお言葉をありがとうございます。
大会を行うためにはどうすればよいのかを考え、実行していきたいですね。

こんばんわ、通りすがりさん。
マル秘情報をありがとうございます。
大会開催を前提に準備していただいているのですね。
岩手の高校野球は、災害には決して屈しないことを見せましょう!!
Posted by ティト at 2011年04月13日 23:31
沿岸部の高校の何校が大会に参加可能な状況なのだろうか・・・。でも、野球大好きな沿岸部だもの。県大会開催に異論は無いのでは?もし、開催する場合、全県を挙げて沿岸部の高校の支援をしよう!私も手弁当で協力します!

ただ、高校野球にのみ傾注する不公平にだけは気をつけましょう。

岩手ならできる。津波に負けない一本松の意気込みだ!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2011年04月14日 01:28
ご無沙汰してました。


高田高校野球部OBとしては是非試合させてあげたいです。


校舎も体育館も何もかも流されてしまったようです…。


高高野球部OB会は最大限バックアップします。
Posted by 優太郎 at 2011年04月14日 20:15
高校野球に限らず、様々な大会に備えて必死で努力してきた高校生たちの気持ちを考えると、なんとか開催できることを期待していますが、実際に沿岸地方の被災状況をみると・・・

今は我慢の時かもしれませんが・・・

是非、夏の大会に向けて沿岸地区の野球部の子たちが、練習できる環境を作って欲しいものです!

高校野球の最大の目標である甲子園への希望だけは、なんとか閉ざさないでほしい!!!
Posted by 俊介 at 2011年04月14日 21:25

甲子園での東北高校の
ように野球からたくさんの力を
もらえると思います!
だから県大会はぜひ実施して
欲しいと私は思います。

練習がままならないのは
確かに問題となりますが、
このまま試合出来ずに沿岸の
野球部の皆さんが生活して
いくのは胸が苦しいですね。

Posted by 岩手っこ at 2011年04月15日 03:44
春季東北大会(宮城県開催)の中止、福島県の春季大会中止、宮城県も春季大会中止の方向と聞きました。
岩手県沿岸地区では被災した高校も数多くあると思われます。
被災により野球道具を流されたり、グランドの地割れ、グランドに仮設住宅の建設など球児の環境は非常に厳しいのが現実ですが、それでも開催時期を遅らしてでも開催すべきではないかと思います。
沿岸地区の高校に対してのソフト・ハード面のクリアすべきハードルは高いですが・・・。
何事に対しても「自粛」ムードですが、被災したという【過去】を変えることはできませんが、【未来】を変えることはできると思います。
球児達もそう思っているのではないでしょうか?



Posted by 秋田県出身の高校野球大ファン at 2011年04月15日 18:50
春の県会無くしていきなり夏の県大会は無謀ですよね。リーグ戦ならいざ知らずトーナメントですから。東北大会は無理としても県大会は是非やって欲しいですよね。一関学院の件は本当に残念でした。被災地の沿岸部の野球部にすればなにくそだと思いますね。彼等の為にも是非やって欲しいですね。
Posted by moku at 2011年04月15日 19:08
県高野連HPによると5月19日から県大会を行う事が決まったようですね。いろいろありましたが調整その他の意味でも開催決まって良かったと思います。メイン会場は県営でしょうか?いずれにしても、その頃には余震も落ち着いている事を祈りましょう!
Posted by だいちゃん at 2011年04月19日 18:01
こんばんわ、牧場の投手カトリさん。
高校野球が、あるべき日常を取り戻すことで、岩手全体を精神的に牽引できれば素晴らしいことですね。

こんばんわ、優太郎さん。
高田高校のことはずっと気になっています。
お力をお貸しください。

こんばんわ、俊介さん。
震災の事実を消し去ることはできませんが、甲子園への希望は絶対に閉ざさせません。
そういう意気込みで可能なかぎり支援していきたいです。

こんばんわ、岩手っこさん。
練習不足のなか、試合を行うことで課題が見えてくるはずです。
沿岸地区の練習環境整備は喫緊の課題でしょう。

こんばんわ、秋田県出身の高校野球大ファンさん。
まったくもっておっしゃるとおりです。
球児の想いに応えるため、周辺環境を整えることが我々ファンを含めた大人の役目ですよね。

こんばんわ、mokuさん。
春の県大会が行われることになり、ファンとしても感謝です。
まずは地区予選ですね。

こんばんわ、だいちゃんさん。
あとは余震が心配です。
でも、高校野球の神様はこれ以上の試練を防いでくれるに違いありません。
Posted by ティト at 2011年04月22日 00:37
ヘアヌードは奥が深いもの。エロさだけを追求したヘアーヌードもあれば芸術性を重視したヘアーヌードまで被写体のイメージするものと撮影するもののイメージが合致しないと見る者を興奮・感動させるヘアーヌードを撮る事は不可能なのです。
Posted by ヘアヌード at 2011年07月06日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック