2010年05月03日

5月3日 大学野球観戦記 その2

5月3日

花巻球場第2試合
岩手大 9−2 盛岡大 (7回コールド)


岩手大の打線が好調。
着々と得点を積み重ねて7回で試合を決めました。
管理人は諸事情があって第1試合終了後に球場を離れ、5回からの観戦でした。

<岩手大>
・投手
三浦翔太(盛大附出身) ?〜6回
先日見た時は本調子ではなかったようですが、今日は三浦投手らしいテンポの良さと変幻自在さが十分に出ていました。
管理人が見た分については全く危な気なし。

田上慧(盛大附出身) 7回
今日はやや制球に苦しんでいたようです。
カウントが苦しくなった後の置きに行ったようなボールを狙われた感じです。
器用なタイプではないように見受けますので、ストライク先行でどんどん勢い良く投げ込んでもらいたいですね。

・打線
試合途中からの観戦でしたが、安打が続いて打線は活発でしたね。
後藤禎隆選手(花巻東出身)のセンター中心の鋭い打撃と若山大樹選手の力強いスイングが目立ちました。

・守備
見た範囲では特に問題なし。


<盛岡大>
・投手
針生祐太 ?〜5回途中
上体依存気味のフォームながら、恵まれた体格を生かして力いっぱい投げ込む右スリークォーター。
肩が硬い感じはしますが、体の回転が効いているのでボールには勢いがありますね。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤と見受けました。
リリースポイントが不安定でボールがばらつくのが課題でしょうか。

寺澤直樹(不来方出身) 5回途中〜7回
力みのないフォームから、しっかと抑えの効いた伸びのある速球に緩い変化球を織り交ぜて打たせて取る左スリークォーター。
球威で押すタイプではなく、躍動感も不足しているものの、制球が良くて安定感がありますね。
飄々とテンポ良く投げ込むタイプです。

・打線
三浦投手には封じられましたが、7回に意地で2点をもぎ取りました。

・守備
じっくり見られなかったこともあり、コメントなしとします。

posted by ティト at 21:50| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック