2009年09月12日

9月12日 大学野球観戦記 その1

今日は北東北大学野球リーグを見てきました。
小雨が降り続く寒い1日でしたね。
簡単な感想は以下のとおり。


9月12日

花巻球場第1試合
八戸大 4−1 岩手大


打力に勝る八戸大が、一発攻勢で岩手大を突き放しました。

八戸大の先発は塩見貴洋投手。
長身から投げ下ろす伸びのある速球とキレの良い変化球をコーナーに自在に操る本格派左腕です。
ボールにはしっかり抑えが効いていますし、憎たらしいほどの安定感でした。
力の出し入れも巧みで、完投能力も十分ですね。
ここぞで力を込める速球は140km位出ている感じです。
3年生ですから、来年まで岩手勢にとっての強敵として立ちふさがりそうな気がします。
9回途中には佐々木拓也投手にスイッチ。
オーソドックスな右上手で、フォロースルーがしっかりしている投手だと思いました。

岩手大の先発は三浦翔太投手。
今日は雨が降る悪コンディションだったこともあり、力を込めて三振を奪う投球は控えていた感じで、丁寧に打たせて取る投球を心がけていたようです。
持ち前の制球力は健在で、それほど悪い投球内容ではありませんでしたが、6回に2本の本塁打を浴びてしまい、計4失点で降板となりました。
7回からは若山翔投手が登板。
爆発的に腕を振る力投型の本格派右腕です。
速球の球速は、目測で最速140km位は出ていたと思います。
変化球も非常に鋭く、追い込んだ後のウイニングショットとして威力を発揮していました。

全体的に両チーム間にはそれほど力の差があるとは思いませんでしたが、今日は八戸大のホームラン攻勢が効きましたね。
内田秀行選手と初沢大樹選手、憎たらしいけど見事なホームランでした。

posted by ティト at 20:37| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック