2009年06月14日

2009全日本大学野球選手権 準決勝

6月13日

準決勝
法政大 5−2 関西国際大
富士大 2−0 創価大


富士大 ついに決勝の舞台へグッド(上向き矢印)イベント

頂点へ王手をかけるexclamation×2


管理人はちらちらとテレビ観戦でした。TV
いよいよ決勝の舞台へ辿り着きましたね。

富士大は、守安投手が先発完投。
ストライク先行で打たせて取り、3塁を踏ませぬ見事な完封でした。
終盤はさすがに疲れが見えましたので、今日はしっかり休んで英気を養ってください。
打線は、好投手相手に連打連打とはいきませんでしたが、花巻東出身の夏井大吉選手がタイムリーヒットを放つなど、岩手のファンが嬉しくなる内容でした。
守備では、レフトの浜川皓選手が再三の好捕を見せてくれましたね。

さあ、泣いても笑ってもあと1試合。
せっかくですから笑って大会を終えましょう。わーい(嬉しい顔)
もしくは嬉し泣きでもいいですが(笑)。ぴかぴか(新しい)
posted by ティト at 09:51| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック