2009年03月07日

WBC日本代表 2次ラウンド進出

3月7日

日本 14−2 韓国(7回コールド)

いつも紙一重の勝負にもつれこむ日本vs韓国ですが、今日は日本打線が大爆発。パンチ
イチロー選手、中島選手、村田選手の活躍が目立ちましたね。手(チョキ)
でも、管理人の目が釘付けになったのは韓国先発の金広鉉投手です。
オリンピックでの快投も記憶に新しいですね。
今日は打たれましたが、躍動感に溢れる大型左腕です。
思いっきりボールにウエートを乗せる投球スタイルは痛快そのもの。
速球とスライダーだけでプロの一流打者をねじ伏せられる投手は世界でも簡単には見つからないでしょう。
もっと多彩な球種を習得できれば攻略は容易ではないはず。
まだ20歳だそうですし、末恐ろしい投手ですね。ダッシュ(走り出すさま)

大型左腕といえば、岩手にも逸材がいますよね。グッド(上向き矢印)
菊池雄星投手や伊東昴大投手などには金広鉉投手のフォームを参考にしてもらいたいと感じました。
posted by ティト at 23:40| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

虎のドラ1候補・菊池にスカウト陣感嘆
Excerpt: 阪神が今秋のドラフト1位候補にリストアップする花巻東の菊池雄星投手(2年)が9日、茨城・かすみがうら市内で行った土浦日大との練習試...
Weblog: 北海道から阪神タイガースを斬る!!
Tracked: 2009-03-10 20:34