2008年10月30日

ドラフト

2008年のドラフトが今日行われましたが、岩手球児からの指名はなし。
落胆とともに信じられない気持ちでいっぱいです。
去年までは全指名選手の一覧などを記載していましたが、今年はそんな気分にならず。
しばらくプロ野球の話はしたくないかも・・・。


posted by ティト at 23:54| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も落胆しました。岩手球児の指名を追ってネットカフェに出向き、時間切れで帰宅して夕方のニュースを見るもドラフトの話題はなし・・。まあ唯一の救いと言ったらなんですがロッテ1位指名の東京ガス木村投手が秋田県鹿角出身で盛岡と同じ旧南部藩領、横浜に指名された早稲田大学の松本選手は小さい頃盛岡にいて野球も盛岡のチームで初めてますね・・。まあ、強引なこじつけですが・・ 誰も県内の高校出身者が指名されなかったのは本当に残念です・・。
Posted by だいちゃん at 2008年10月31日 00:40
毎年ですがドラフトは実に厳しい制度です。指名があったにしろ本人の希望はプロという時点で球団を選ぶ選択肢を失ってしまっているわけですしね。社会人や大学生と違って社会的にも責任能力のないまだまだ子供ですよ。その子達が立派に将来の展望をたてて望んでる。それだけで本当に立派ですよ。何とかならないものかと私も感じました。もし選手が見てましたら言いたいです。野球は絶対に貴方を嫌いになったりしないんです!
今までの貴方を支えてくれたチームやチームメイト、そして家族の協力なしではここまでこれなかったはずです。
そして何よりもプロ入りまでの準備期間が増えたこれからの自分を信じて野球を続けて下さい!
出来れば日本でね!
日本でね!
Posted by 鼻紙すたじあむ at 2008年10月31日 00:59
プロ志望届を出したからといって指名されるとは限りません。
特に中井くんはポジションからも難しいでしょう。
プロではファーストはベテラン内野手か外人選手のポジションですから。
大学へ進学(専修大?)するようですが
できれば外野に挑戦して欲しいと思います。
最近ではバッティングだけではなかなか評価されることがなく
守りも良いバランスの取れた選手が指名されているので、
守備範囲の広さや肩の強さなどをアピールできるよう体を作って欲しいと思います。

名門早稲田大学で1年春からずーっとレギュラーの
あの上本選手ですら3位(阪神)指名、
その早稲田で力を発揮することができずに退部した
昨年のドラフトの有力候補だった岐阜城北の尾藤投手は育成枠での指名です。
ハードルは私たちが考えるよりずーっと高いと思います。
Posted by 風屋 at 2008年10月31日 19:12
いきなり関係ない話題ですが、昨日、盛附が東京遠征で多摩永山Gにて国士舘高校と対戦したと聞きました!このHPは、東京の人とかも見てるのかな?誰か結果とかご存知の人いたら教えて下さい!・・横浜市や八王子市出身の選手もいる盛附だけに、盛附の応援も結構いたんだろうな〜。
Posted by だいちゃん at 2008年11月02日 21:56
こんばんわ、だいちゃんさん。
早稲田の松本選手は盛岡に縁があるんですね〜。
高校時代は素晴らしい左投手でしたが、野手としてのセンスもずば抜けていたようです。
盛大附の遠征情報は管理人も知りたいです☆

こんばんわ、鼻紙スタジアムさん。
全く同感です。
あきらめなければ夢実現の可能性はずっと残っていますから。
頑張れ岩手の高校球児。

こんばんわ、風屋さん。
ハードルが高いことは重々承知しつつ、中井選手がプロの器であることを信じて疑わない管理人です。
外野手適性に関しては以前の記事で言ったとおりで、高い潜在能力を感じていました。
将来の主軸を務められる選手をプロ側は今回見逃してしまったのだと思っています。
中井選手の新しい場での活躍を楽しみにしております。
ドラフト1位指名される選手を目指して頑張れ!!
Posted by ティト at 2008年11月03日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック