2008年10月18日

プロ野球志望届 提出締め切り

プロ野球志望届の受付が15日に締め切られてしまいました。
佐藤勇次選手(専大北上−東北福祉大)と中井隆盛選手(専大北上)の提出情報は先日記載しましたが、もう1人岩手県関係者の提出がありました。
盛岡一出身で東京学芸大の橋本尚弥選手が、14日に志望届を提出したとのこと。わーい(嬉しい顔)
橋本選手の情報は不覚にもそれほど持ち合わせていない管理人ですが、春季リーグではチームのクリーンナップを務めていた内野手とのことです。
プロ側からの指名を楽しみにしています。野球

冒頭で言ったように志望届の受付はおとといで締め切られてしまったため、本県からの届提出は、佐藤選手、橋本選手、中井選手の3人だけとなりました。
毎年思うのですが、プロ野球選手になりたいと思っている球児の数がこんなに少ないはずがありません。exclamation×2
はっきり言ってプロ野球志望届制度自体に疑問を抱いている管理人です。
まず、届提出者の名前を全国に公表する必要性があるのでしょうか?
全国大会で華々しく活躍した有名選手であれば耐性が多少あるのかもしれませんが、周囲から好奇の目で見られることを望まない選手は大勢いるはず。
プロ側から指名確実と言われる選手ならいざ知らず、そうでない選手にとっては氏名公表が届提出にあたっての足かせになっている可能性があります。
というか管理人が同じ立場であれば絶対に足かせになります(笑)。
多感な若者であればなおさらでしょう。
誰にも平穏な日常生活を追求する権利がありますので、アマチュアの野球連盟の方々におかれましては、個人情報の取り扱いには十分留意していただくようお願いする次第です。
来年からはプロを志望していない選手が届を提出する制度に変えてみてはいかがでしょう?
って毎年同じことを言っていますね(笑)。


佐藤選手、橋本選手、中井選手のプロ野球選手への夢が実現することを祈願しております。ぴかぴか(新しい)


posted by ティト at 22:31| 岩手 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。いつの頃からかこの志望届なるものが義務づけられましたが、それを全国に公表するのは問題あるかな・・とも思います。 しかし今はそういう決まりだから仕方ないですね・・取りあえず志望届出した3選手は全員盛岡出身、または盛岡の高校出身なので全員指名されて欲しいです(欲を言えば私の応援する楽天イーグルスに・・) また盛附の鴇田投手や伊藤巧選手、盛岡中央の品川投手が提出しなかったのは少し残念でしたが仕方ないですね。彼らはきっと野球を続けると思うので今後も注目したいです☆
Posted by だいちゃん at 2008年10月18日 23:14
こんばんわ、だいちゃんさん。
ちょっと話が変わりますが、記事では書かなかったことをこの場を借りて少々書かせてください。
ドラフト前に就職や大学の内定を得た選手にとっては、プロ志望届を提出することは信義則に反する側面もありますし、提出したくても提出できない場合もあるでしょう。
また、プロ1本でドラフトを待っていた選手が指名されなかった場合、その後に就職活動や受験活動といっても時期的に難しいものがあると思います。
本当にこの制度は罪作りな制度ですね。
就職や進学活動と両立できるドラフト制度が必要だと思う次第です。
誰でもプロを目指せる制度構築を望みます。

話が脱線してすいません。
鴇田投手、伊藤選手、品川投手の進路は気になりますね。
是非野球を続けてもらって今後も岩手の野球ファンを熱狂させてほしいですね♪
Posted by ティト at 2008年10月19日 00:13
橋本選手は最終学年にしてレギュラーを勝ち取った努力の人。
今回のプロ入りはどうかわかりませんが、
学芸大の先輩である横浜加藤投手のように、
社会人でも野球を続けてチャンスを狙って欲しいと思います。

今夏引退した高3の選手達の進路については
若干の情報を持ってはいますが
ティトさんからもいろいろ教えていただきたいと思います。
Posted by 風屋 at 2008年10月20日 09:16
こんばんわ、風屋さん。
プロ野球選手はほとんどの球児の夢でしょう。
1人でも多くの岩手球児にその夢を掴んでもらいたいですね☆

今年度に卒業する球児の進路先情報については、今のところ管理人の耳には何も入っておりません。
来年の岩手球児進路先情報の更新に生かしたいと思っていますので、関係者からの情報提供をお待ちしております♪
Posted by ティト at 2008年10月21日 01:17
おじゃまします。
賛否両論ありますが意思表示は社会に出てもとても大切だと思います。自分の事を上手く相手に伝える事の難しさといったら皆さん経験なさっていると思います。ましてや進路ですからしっかり伝えるべきと感じております。が、その気持ちを公表する制度には私も疑問を未だに感じております。別件ですがメジャーに挑戦も大いに構わないと思うんです。但しペナルティを与える資格がNPBにあるとは思えません。メジャーは極端ですが社会的にも責任能力のない高校球児もいる訳ですし選挙の候補者みたいに公にする必要性は無いはずですよね。
色んな意味でキャッチボールをして欲しいものです。
Posted by 鼻紙すたじあむ at 2008年10月22日 00:24
昨年の遠野の投手はどこに進学したかご存知ですか? 
Posted by 質問です at 2008年10月23日 01:23
名古屋ウェルネス(専門学校)です。
元阪神のコーチ石井晶氏が監督です。
Posted by 回答です at 2008年10月27日 12:23
ドラフトが行われました。県人関係では恐らく盛岡市生まれのM氏だけかと思われます。経歴はgoJapanHPのスポーツ情報岩手編を参照。
Posted by 大原庄吉 at 2008年10月30日 23:28
こんばんわ、鼻紙スタジアムさん。
進学にしろ就職にしろ、複数の選択肢を留保しておくのが一般的には常識ですし、他の選択肢を排除するプロ野球界のやり方には管理人も同意することはできません。

こんばんわ、質問ですさん。
中居翔投手のことですね?
管理人も気になっていましたが、進路先の情報は持ち合わせておりません。

こんばんわ、回答ですさん。
貴重な情報をありがとうございます。
名古屋ウェルネスのことを調べてみたいと思います♪

こんばんわ、大原庄吉さん。
先日のドラフトのことはあまり思い出したくない管理人です。
盛岡市出身の選手が指名されたのでしょうか?
Posted by ティト at 2008年11月03日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック