2021年04月28日

4月28日 高校野球観戦記 その2

4月28日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第3試合
一関一 3−0 一関工

お互いピンチを凌ぎ合う緊迫した展開。
その中でもしっかりと1点ずつもぎ取った一関一がガッチリと守り勝ちました。

<一関一>
・投手
熊谷翔斗 先発完投
常時セットポジションから、体の回転を生かしつつコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と鋭く曲がる変化球をバランス良くミックスして的を絞らせない投球を見せました。
キレの良い変化球をコーナーに決められるのは強みですね。
ピンチでもしっかりと制球できるメンタルの強さも光りました。

打線
しっかりとボールを見極めてじっくりと攻撃を組み立てていくスタイル。
各打者ともあっさりと凡退することがないので、相手にプレッシャーを与えられるしたたかさを備えていますね。

守備
問題なし。
 

<一関工>
・投手
菅原駿 先発完投
常時セットポジションから素早く始動し、体動の勢いとともに鋭く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
まだ線が細い感じはしますが、腕の振りはしなやかで体のバランスも良さそうです。
筋力アップが球威アップに直結しそうですし、今後の躍進が大いに期待できる2年生で、管理人の要チェックリストに入りました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

打線
好機はつかむものの、相手投手の変化球に最後までタイミングが合わず、あと一本を封じられてしまった印象です。

守備
捕れる打球を逃してしまうもったいないプレーなどがあり、防げる失点がありました。

posted by ティト at 22:52| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月28日 高校野球観戦記 その1

4月28日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第2試合
一関学院 9−4 一関高専

両チームとも塁上を頻繁に賑わせる展開。
打力で上回った一関学院が、パワーで点をもぎ取って引き離しました。

<一関学院>
・投手
岩鼻祐人 1回〜2回
常時セットポジションから、軸足で十分にタメを作ってスムーズに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球主体に緩急2種類の変化球を交えてストライク先行の投球でした。
上体の倒し込みは生かせていますが、下半身の体重移動のパワーをもっとボールに乗せられるようになれば、球威はグンと増してくるでしょう。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

佐々木聖海 3回〜5回
素早く投球動作に入り、思いっきり腕を振る右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球でグイグイ押す本格派タイプで す。
非常にパワフルで相当なポテンシャルの持ち主ですが、上体の力に頼っている感じで、踏み足がややふらついて安定していないのが気になり、その点でパワーロスが生じています。
捕手へ向かってまっすぐ体重移動する蹴り足をもっと意識すれば踏み足も安定してきますし、体動の勢いをボールに乗せる余地はまだまだあります。
荒削りですが、今後の成長が楽しみな逸材です。
速球の球速は、目測で最速130km台後半。

千葉華生 6回〜9回
常時セットポジションから、担ぐようにスムーズに振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と多彩な変化球をコーナーに決めるナイスピッチングでした。
力の加減が巧みで、打たせて取る場面と三振を狙う場面を使い分けている感じですね。
キレの良い変化球でストライクを容易に取れるのも強みです。
完成度の高い好投手ですが、フォークやスプリット系の変化球を習得できれば、三振を量産できると思います。
速球の球速は、目測で最速140km前後。

打線
各打者の振りは非常に鋭く、相当振りこんできていることが見て取れました。
ただし、例年同様やはり仕掛けが早く、厳しいコースにまで早々に手を出してしまう傾向がありました。
厳しいコースを追いかけて安打にしたという結果オーライではなく、甘いコースを確実に捕らえる打撃を目指していただきたいなあと個人的には願っています。

守備
非常に素晴らしいです。
各野手の足さばき、グラブさばき、送球など言うことなしです。
送球姿勢に至るまでの過程が非常に綺麗で、ビシッとした送球につながっています。
他チームも参考にすべきでしょう。
 

<一関高専>
・投手
千葉拓海 1回〜7回
ゆったりとした始動から、勢い良く振りかぶって体の回転とともにコンパクト腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球をテンポ良く投げ込みます。
胸の張りが不十分で反発力を利用できていない感じはしますが、体動の勢いを生かそうとする意識はうかがえました。

高橋亮太 8回
ゆったりと振りかぶり、体の回転を意識しながらコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、持ち球をフルに使って打たせて取る投球を見せました。
スナップで投げている感じなので、もっと胸の張りを意識して反発力を利用できれば、球威がグンと増してくるはずです。

打線
しっかりとボールを見極めて甘いコースを狙おうという意識はうかがえました。
好機は再三つかみましたが、ここぞでもっと安打をまとめられればなあという展開でした。

守備
球際をモノにできずに安打を許してしまう場面が目立ちました。
コンマ何秒の反応の差にこだわって今後につなげていただきたいと思います。

posted by ティト at 22:45| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

4月27日 高校野球観戦記 その2

4月27日

春の高校野球北奥地区予選 森山球場第3試合
専大北上 12−0 黒沢尻北 (5回コールド)

専大北上の強力打線が爆発。
好機に安打をまとめて大量得点につなげました。

<専大北上>
・投手
長島暖和 先発完投
ゆったりとした始動から、スムーズな体の回転とともにコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急を生かす投球を見せました。
軽々と力のあるボールを投げていますし、余力はまだまだあると思いますので、躍動感をもっと意識して体動の勢いをボールに乗せる投球ができれば、一気に才能が開花すると思います。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
各打者ともボールがよく見えており、打てるポイントをしっかりと絞って鋭く捕らえるバッティングを見せました。
変化球にも崩されませんでしたし、この時期としては仕上がりが良いと思います。
上位下位切れ目がなく、どこからでも点を取れる感じですね。

守備
問題なし。
 

<黒沢尻北>
・投手
星知輝 1回〜2回途中
常時セットポジションから、ダイナミックに振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と緩急2種類の変化球で打たせて取る投球を見せました。
うまく相手打線が合わせてきた感じですが、体全体で投げようとする意識が見て取れましたので、今後に期待です。

松本壮哉 2回途中〜4回
大きく振りかぶり、思いっきり腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
躍動感があるので、ボールには球速以上の力がありますね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

打線
好機はありましたが、要所であと一本が出なかった感じです。

守備
問題なし。

posted by ティト at 22:05| 岩手 | Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月27日 高校野球観戦記 その1

4月27日

春の高校野球北奥地区予選 森山球場第2試合
黒沢尻工 11−1 西和賀 (6回コールド)

先制したのは西和賀でしたが、黒沢尻工がすぐに反撃し、相手ミスに乗じて効率良く点を積み重ねる展開となりました。

<黒沢尻工>
・投手
藤澤主樹 先発完投
常時セットポジションからゆったりと始動し、軸足でタメを作ってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
重そうな速球主体に押す投球を見せました。
長身でパワーもありそうですが、機敏性や躍動感をボールに乗せられていないのが気になりました。
まだまだ余力十分で、相当なポテンシャルの持ち主と見受けましたので、体動の勢いを生かす意識をもっと持てれば、素晴らしい本格派に必ず成長できると思います。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
積極的に盗塁して塁を進め、コンパクトに転がす打撃で好機をモノにしていきました。

守備
飛球を捕れない凡ミスがあって余計な点は与えてしまいましたが、概ね各選手は軽快です。
 

<西和賀>
・投手
新田輝 1回〜3回途中
ゆったりとした始動から、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプでは在りませんが、伸びのある速球と鋭く曲がる変化球で打たせて取る投球を見せました。
高めに抜けるボールが目立ちましたが、上体の倒しこみでボールにウエートを乗せているのは好印象。
筋力が増せば楽しみな2年生です。

廣沼大河 3回途中〜6回途中
素早く体を回転させ、勢い良く投げ込む左スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球主体に鋭く曲がる変化球を交えて打たせて取る投球を見せました。
円盤を投げるようなイメージでボールにウエートを乗せており、動作も機敏でセンスの良さが光る2年生です。

打線
相手本格派投手の球威に押され、なかなかジャストミートできない展開でした。

守備
イージーな捕球ミスに加え、送球の遅れなどで余計な点を与える場面がありました。
野球の基本は瞬発力なので、何事も素早くという意識をもっと持つ必要があると思います。

posted by ティト at 21:55| 岩手 | Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする