2019年10月15日

10月15日 高校野球観戦記 その1

10月15日

秋の高校野球東北大会準々決勝 県営球場第1試合
盛大附属 3−0 東奥義塾

両チームとも安打がなかなかつながらない展開でしたが、終盤に思い切り良く振り抜く打撃をようやく取り戻した盛大附属が、貴重な点をもぎ取ってそのまま逃げ切りました。

<盛大附属>
・投手
石井駿大朗 先発完投
ゆったりとした始動から、担ぐようにダイナミックに振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
地肩が相当強そうで、肩を支点としてエネルギーを生み出す投法ですね。
蹴り足をもっと生かせるようになれば、体重移動を球威に上乗せできるようになるはずです。
さらなる進化を楽しみにしています。
速球の球速は、最速141kmの表示。

打線
相手投手の緩急への対応がいまひとつで、バットの芯を外される打撃を繰り返してしまいました。
緩いボールを引っ張らないようにと意識し過ぎると始動が遅れて力の入らないスイングになってしまうので、むしろ思いっきり引っ張る意識でファウルを打ちながらをタイミングを合わせていく方がよかったのかなあと感じました。

守備
問題なし。


<東奥義塾>
・投手
山内 1回〜6回途中
常時セットポジションからゆったりと始動し、力まずに振りかぶってコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。
カウントが苦しくなってもなかなか四球を出さない捕らえどころのないピッチングでした。

齋藤 6回途中〜8回
重心をしっかりと落として体の回転とともにしなやかに腕を振る右下手。
浮き上がるような速球と横滑りする変化球をコーナーに決める投球を見せました。

打線
難しいボールをしっかりと見逃せる選球眼の良さが光りました。
際どいコースをファウルで逃れるなど、粘り強く食らいついてきましたね。
なかなかフルスイングできず、鋭い安打を続けることができなかったことは来季への反省材料でしょう。

守備
問題なし。
正確な送球で走者の進塁を許さないナイスプレーもありました。

posted by ティト at 23:35| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする