2019年07月26日

2019 夏の県大会 優勝チーム決定

7月25日

夏の高校野球県大会決勝 県営球場
花巻東 12−2 大船渡


岩手の夏のクライマックスとなる決勝は、花巻東が見事に優勝し、2年連続の甲子園切符をつかみ取りました。

花巻東は、苦戦の連続で勝ち進んできましたが、どういう展開でもあきらめない精神力、どういうタイプの投手でも試合中に順応して攻略できるフレキシビリティ、堅い守備力、豊富な投手陣が織りなす総合力で栄冠をつかみました。
文句なしに岩手の代表として相応しいチームです。


今日の決勝は、管理人はビデオ観戦でした。
中森至投手と西舘勇陽投手は、連投の疲れで球威はいまひとつだったものの、バックを信頼して制球重視で打たせて取る投手を心がけていましたね。
打線は、機動力で相手バッテリーに揺さぶりをかけ、少ない安打で点をもぎ取るしたたかさを発揮していました。
向久保怜央選手のライトスタンドへのホームランも見事でした。
守備は、甲子園でも十分通用する軽快さを発揮していましたね。
高橋凌二塁手の守備範囲の広さは出色です。

花巻東の選手の皆さん、優勝おめでとうございます。
甲子園での活躍も楽しみにいたします。


惜しくも敗れた大船渡ですが、今大会は、ファンの記憶に残る激闘を数々繰り広げました。
甲子園には1チームしか出すことができないことを本当に残念に思います。
日本一の剛腕佐々木朗希投手を擁して全国から注目される中、一人の力だけに頼らない全員野球で勝ち進んできました。
決勝で佐々木投手を出場させなかったことについて、様々な意見があるのだろうと思います。

160km以上の速球を投げられる投手は、高いパフォーマンスを発揮することの代償として、体への負荷は当然として高いものとなってしまいます。
作用と反作用は等しいものですから。
管理人は、準決勝の観戦記で、佐々木投手が余力を残しているように見えるとコメントしました。
つまり、決勝でも出場するだろうと予想していました。
しかし、それはあくまでも部外者の考えであり、一番近くで本人を見ている指導者が、状態を鑑みて故障のリスクが高いと判断するのであれば、それが最も正しい判断だったのだろうと推察します。
全員野球で優勝を狙うチーム戦術に、一点の曇りもなかったのだと思います。
結果的に試合に勝つことはできませんでしたが、それは、花巻東の総合力が1枚上手だったということです。


ファンとして、今年の夏も完全燃焼することができました。
球児の皆さんに感謝いたします。
素晴らしい夏をありがとう。

posted by ティト at 00:55| 岩手 ☀| Comment(8) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする