2019年05月20日

5月18日 社会人野球観戦記 その3

5月18日

都市対抗野球岩手予選準決勝 花巻球場第3試合
トヨタ自動車東日本 12−0 オール江刺 (7回コールド)

相手のミスに乗じて着実に点に結びつけるトヨタ自動車東日本が、じわじわとリードを広げる展開でした。

<トヨタ自動車東日本>
・投手
鷹羽信貴 1回〜5回
常時セットポジションから、上体をややひねって回転力を生かして力強く腕を振る右スリークォーター。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
今後の躍進が楽しみなルーキーですね。
速球の球速は、最速145kmの表示。

菅原倭 6回
常時セットポジションから、軸足でタメを作った後に勢い良く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球で打者にフルスイングさせない投球を見せました。
久しぶりに見ましたが、当然ながら、高校時代と比べて力強さが増していますね。
貴重なサウスポーとして、チームの大きな戦力でしょう。
速球の球速は、最速136kmの表示。

佐々木大和 7回
常時セットポジションから、軸足でタメを作った後に勢い良く腕を鋭くコンパクトに振る右スリークォーター。
威力のある速球と緩急2種類の変化球で三振を取れる本格派タイプです。
胸の張りがやや不十分で、腕のしなりが効いていない感じはしますが、馬力は素晴らしいですね。
高校野球以来、久しぶりに見ましたが、今後の成長を楽しみにいたします。
速球の球速は、最速140kmの表示。

打線
この試合も機動力で走者が塁を進め、小刻みに加点する展開。
俊足の選手が揃っていますね。
そのプレッシャーからか、相手がミスを連発してビッグイニングも作ることができました。

守備
問題なし。


<オール江刺>
・投手
関勝人 1回〜4回途中
ゆったりとした始動から、上体をややひねってタメを作った後にコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球との緩急を生かして打たせて取る投球を見せました。
安定感のある勝てるタイプの投手でしょう。

小山哲朗 4回途中〜5回
担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、落差のある変化球をうまく交えて打者のタイミングを外す投球を見せました。

菊地智己 6回
特長は前記事記載のとおり。

打線
相手投手の球威にやや力負けの傾向がありました。
要所で三振を取られ、ホームが遠かった印象です。

守備
細かい捕球ミスが目立ち、それが失点につながる流れの悪い展開。
結果的に7失策となり、思わぬ大量失点となってしまいました。



posted by ティト at 00:59| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月18日 社会人野球観戦記 その2

5月18日

都市対抗野球岩手予選準々決勝 花巻球場第2試合
オール江刺 4−3 矢巾硬式クラブ

小刻みに加点してリードしていくオール江刺に対し、矢巾硬式クラブが終盤に猛追して手に汗握る展開に。
最後はピンチを凌いだオール江刺が勝利をつかみました。

<オール江刺>
・投手
菅原祥 1回〜7回
常時セットポジションから、素早く体を回転させて鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がる変化球で打たせて取る投球を見せました。
球威は全盛時ほどではないながらも、豊富なキャリアで打者を打ち取る投球術は素晴らしいですね。

菊地智己 8回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ爆発的に腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
高校時代からの主武器であるスライダーのキレは抜群ですね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

打線
相手のミスなどもあり、小刻みに点を取っていきました。
たたみかけられる場面でたたみかけられなかったのは反省材料でしょう

守備
問題なし。


<矢巾硬式クラブ>
・投手
細川潤 1回〜5回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しながら鋭く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
フォームバランスが良いので、要所で力を込めても体勢が崩れないのが長所ですね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

岩舘圭佑 6回〜7回
常時セットポジションからゆったりとした始動し、軸足でタメを作った後に力強く右上手足を蹴って勢い良く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と緩急2種類の変化球で的を絞らせない投球を見せました。
要所で変化球をしっかりと低めに投げていましたね。
速球の球速は、最速133kmの表示。

南幅大地 8回
ゆったりと振りかぶり、体の回転とともにコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

打線
好機は何度もありましたが、ここぞの集中打が足りず、あと一歩で涙をのみました。

守備
捕れそうな打球を捕れずに失点するなど、球運に恵まれなかったです印象です。

posted by ティト at 00:43| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月18日 社会人野球観戦記 その1

5月18日

都市対抗野球岩手予選準々決勝 花巻球場第1試合
トヨタ自動車東日本 11−0 一戸桜陵クラブ (7回コールド)

3回からの観戦です。
中盤以降に安打をまとめたトヨタ自動車東日本が、リードを広げつつガッチリと守る盤石の試合運びを見せました。

<トヨタ自動車東日本>
・投手
千葉英太 〜6回
常時セットポジションから、軸足で十分にタメを作りつつバランス良く体を回転させてしなやかに腕を振る右上手。
威力十分の速球と鋭く曲がり落ちる変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
2年ぶりに見ましたが、投球スタイルはだいぶ変わっていますね。
高校時代は躍動感を思いっきりボールに乗せる力投型でしたが、今は体動を極力控えてブレを抑えようとする意図がうかがえました。
管理人的には、高校時代のフォームの方が好みではありますが。
筋力は増していますので、球速は安定して出ているものの、バッタバッタと三振を奪うような威圧感は目減りしているのが気になりました。
それでも、高卒2年目の時点で、岩手の社会人屈指の好投手であることは間違いありません。
千葉投手は制球に苦しむタイプではありませんし、もっと下半身の体重移動をボールに乗せてダイナミックに投げ込む投球を見たいと思います。
プロを狙う視点で話していますので、厳しめなコメントはご容赦願います。
速球の球速は、最速143kmの表示。

赤堀壮 7回
常時セットポジションから、スムーズに体重移動しながらしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
あまりじっくりとは見られませんでしたが、鞭のように腕がしなるので球持ちが良く、速球は球速以上にグンと伸びてくる球質ですね。
速球の球速は、最速130kmの表示。

打線
振り回さずコンパクトにミートする打撃が徹底されていました。
盗塁を積極的に狙ってきますし、常に先の塁を狙う意識もうかがえました。
したたかな野球は素晴らしいですが、全国上位を目指すためには、もっと迫力や威圧感が欲しいと感じました。

守備
問題なし。


<一戸桜陵クラブ>
・投手
米沢将矢 〜5回
ゆったりとした始動から、素早く踏み込んでコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球落差のある変化球との緩急で打たせて取る投球を見せました。
制球が良く、大崩れしそうにない安定感がありますね。

川向紀世彦 6回
常時セットポジションから、やや上体をひねってタメを作りつつダイナミックに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、重そうな速球主体に打たせて取る投球を見せました。
久しぶりに見ましたが、社会人でも野球を続けている姿を見て嬉しくなった管理人です。
高校時代は、投打ともに才能を感じさせるいわゆる二刀流選手でしたね。

坂井優也 6回
担ぐように素早く振りかぶり、コンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。

打線
惜しくも点は取れませんでしたが、各打者とも、本格派投手相手に当てにいくのではなくしっかりと振り切っていましたね。

守備
問題なし。

posted by ティト at 00:33| 岩手 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。