2018年08月11日

花巻東 甲子園初戦

8月9日

夏の甲子園1回戦 甲子園球場
下関国際 4−2 花巻東 (延長10回)


管理人は1日遅れのビデオ観戦でした。
いやあ、悔しい惜敗でした。
互角の接戦の中で、勝機をモノにできなかった感じでしょう。

先発の伊藤翼投手は、持ち味を発揮して大崩れせずに粘りました。
終盤にやや球威が落ち、相手打線に合わされてしまいましたが、甲子園での9回2失点・10回4失点は好投だと思います。
西舘勇陽投手も、今後に期待できるナイスリリーフでしたね。

打線は、なかなか連打が出ず、ビッグイニングを作れずじまいでした。
甲子園に出てくる好投手相手に大量点を奪うのは容易ではありませんが、2得点で勝利をつかむというのは厳しいものがあります。

守備は、全般的には安定感がありましたが、細かい部分でのミスが出てしまいました。
走者がホームを狙うと思わなかったのか、ホームへの送球が緩んでしまった場面がありましたし、アウトカウントを間違えたのか、ゲッツーを取れるプレーでなぜか送球しない場面がありました。
花巻東は、場面場面での声掛けが他チーム以上にしっかりしているチームですが、これが甲子園の想定外の緊張感なのでしょうか。


高校野球の最高レベルの大会で、他県の強豪と互角の好試合を演じた花巻東をまずもって称賛いたします。
そのうえで、今後のために一言二言。

県大会から見ていて、投手、打者ともに、下半身を使った体重移動が緩慢すぎる印象です。

まず投手ですが、投手陣全体が、蹴り足や踏み足よりも、上体の回転や肘のしなりを重要視していることがうかがえます。
なぜ、筋量の多い下半身をあまり利用せずに投げようとするのか、前々から疑問に思っていました。
理由をお分かりの方がいらっしゃいましたら、メールででも教えていただければ嬉しいです。
管理人的には、筋量の多い部分を利用して投げるのが合理的だと思っています。
下半身で体動の勢いを作り、上体の回転でさらに勢いを作ってから自然な腕の振りにつなげるのが良いと管理人は思っています。
下半身で体動の勢いを作らずに上体で踏ん張って投げるのは、車の運転で言えば、いきなりサード発進するようなもので(オートマ車しか運転したことがない方はイメージが湧かないかもしれませんが)、相当な負荷がかかりますから、スタミナを浪費するのも当然でしょう。
上体のひねりと肘のしなりで、球持ちが良く打ちづらいことは認めますが、相手打者の打ち損じを期待し続けるような投球にはやはり限界が見えてきます。

打者も、あまり踏み込まずに、体の回転で打とうとしていますね。
プロ野球選手の中には、体の回転力を主エネルギーにできる打者もいますが(今の大谷翔平選手はそういうタイプです)、ほとんどの高校生選手は、蹴り足を生かしてしっかりと踏み込んで勢いよく振らなければ、力強い打球を放つことはできません。
体の回転力を主エネルギーとする打撃を志向するのであれば、相当な筋力の裏付けがなければなりませんが、管理人が知る限り、正直言って、花巻東のウエートトレーニングの強度は不十分で、そのような打撃を志向するための下準備ができていないと言わざるをえません。
前記の投手の話と似た感じで、サード発進するようなバッティングですので、どうしても立ち遅れてしまいますし、無理に始動を早めると、当てるだけのバッティングになりがちです。

現代の甲子園で優勝するためには、ロースコアで1点差を制するような試合をし続けるのは難しいと思いますし、相手を圧倒できる底力を備えられるように準備しているチームが実際に優勝しています。
そういうチームを目指す中で、球運をモノにできるのだと管理人は思っています。

管理人がブログを始めてから、相当な年数が経っています。
いつまでもブログを続けることはできないので、管理人の目が黒いうちに県勢に全国制覇を成し遂げてもらいたいという焦りもあり、ちょっと厳しい投稿になってしまいました。
気分を悪くされた方もいらっしゃると思いますが、どうがご容赦くださいませ。

素晴らしい試合と、今後への課題も見えた今年の甲子園です。

花巻東の選手の皆さん、センバツも含め、全国の強豪相手に見事な戦いぶりでした。
ファンを熱狂させてくれたことに感謝いたします。

posted by ティト at 01:58| 岩手 ☁| Comment(16) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする