2018年07月22日

7月22日 高校野球観戦記(決勝)

7月22日

夏の高校野球県大会決勝 県営球場
花巻東 4−3 盛大附属

今年の岩手の頂点を決めるに相応しい、1点を争う緊迫した試合展開。
盛大附属1点リードの9回表、ミスが続いて花巻東が逆転。
その裏を守りきった花巻東が、春夏連続の甲子園切符を手にしました。
実力は両チームとも全くの互角だったので、どちらも甲子園に出してあげたいと強く感じた管理人です。

<花巻東>
・投手
伊藤翼 1回〜5回、9回
ゆったりとした始動から、スムーズな体の回転とともにしなやかに腕を振る右横手。
伸びのある速球と多彩な変化球でバットの芯を外す投球を見せました。
先発でもリリーフでも、常に自分の力を発揮できるメンタルの強さを大会を通じて証明しましたね。
チームのMVPと言ってもいいと思います。
速球の球速は、最速132kmの表示。

西舘勇陽 6回〜8回
常時セットポジションから、背筋をピンと伸ばして綺麗に振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球をグイグイ投げ込む本格派タイプです。
今大会初登板で、大事な決勝で満を持してマウンドに上がりましたね。
昨秋に見た時よりも筋力が増しており、腕の振りも力強さが増していますね。
上体の動きは綺麗ですが、下半身の体重移動をあまり使わずに踏ん張って投げているのが気になりました。
もっと全身を使う意識で、体動の勢いをボールに乗せる投球ができれば、劇的に進化できると思います。
今後の成長を楽しみにしたい2年生の逸材です。
速球の球速は、最速138kmの表示。

打線
好球必打で早いカウントからも積極的に振りにいきました。
頻繁に安打が出て再三の好機をつかむものの、あと1本がなかなか出ず、焦れるような展開が続きました。

守備
出足が少し遅れての捕球ミスが目立ちました。


<盛大附属>
・投手
阿部秀俊 1回〜6回
特長は先日記載のとおり。
抑えの効いた速球と落差のある変化球をコーナーに散らせて打たせて取る投球を見せました。
ピンチを迎えても、球種をフルに駆使してあと1本をなかなか許さない粘りのピッチングでしたね。
完成度が高く、大崩れしそうにない安定感抜群の2年生です。

松本跳馬 7回〜9回
特長は先日記載のとおり。
連投で疲れが確実にあるはずですが、ボールにはしっかりと抑えが効いており、内外角の厳しいコースに投球が決まっていました。
躍動感をもっとボールに乗せられれば、本格派として間違いなく開花できる投手なので、卒業後も是非とも野球を続けていただきたいと思います。
速球の球速は、最速133kmの表示。

打線
際どいボール球をしっかりと見極めてしぶとく四球と安打を積み重ねました。
好機は再三ありましたが、もうひと押しが欲しい場面であと1本がなかなか出ず、接戦を制することができませんでした。

守備
もったいない悪送球から同点を許してしまったのが痛かったですね。
1点リードの9回にもミスが続いてしまいました。



posted by ティト at 23:43| 岩手 ☁| Comment(4) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする