2018年07月12日

7月11日 高校野球観戦記 その3

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第3試合
軽米 20−12 一関修紅

好機で次々と安打がつながった軽米が、あれよあれよと点を積み重ね、一気に勝負を決めるかという展開でしたが、中盤から一関修紅が猛烈に反撃し、勝敗の行方が全くわからない激戦に推移。
終盤にさらにひと押しした軽米が、壮絶な打撃戦を制しました。

<軽米>
・投手
上澤祥太 1回〜6回途中
常時セットポジションから、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、速球主体に打たせて取る投球を見せました。

小笠原李熈 6回途中〜9回
素早く振りかぶり、スナップを効かせながら真上から投げ下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

打線
好機で一気に畳みかけて効率良く点を重ねました。
ツーアウトから安打がよくつながりましたね。
24安打は見事の一言です。

守備
大量リードの後に捕球ミスが続いて余計な点を与えてしまいました。
中盤以降は足が止まってしまい、ヒットゾーンが広くなってしまいました。


<一関修紅>
・投手
菅原大和 1回〜3回、6回〜9回
常時セットポジションから、伸び上がるように振りかぶってから腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

熊谷晃太 4回
ゆったりとした始動から、あまり前に踏み出さずに担ぐように振りかぶって真上から投げ下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、角度のついた速球主体に打たせて取る投球が持ち味です。
立ち上がりにやや制球を乱し、四球で走者を溜めてしまったのがもったいなかったです。

佐藤李音 4回途中〜5回
素早く振りかぶり、鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

打線
フルスイングを心がける打者が多かった印象です。
中盤に安打がつながって大量点を取りましたが、失点が大き過ぎて追いつくには至りませんでした。

守備
イージーな捕球ミスともったいない悪送球がありました。
ピンチをことごとく点に結び付けられてしまった感じです。

posted by ティト at 00:31| 岩手 ☁| Comment(3) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月11日 高校野球観戦記 その2

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
盛岡工 8−1 花巻農 (7回コールド)

初回の大量点でリードを広げた盛岡工が、花巻農の反撃をソロホームランの1点のみに抑えてしっかりと守りきりました。

<盛岡工>
・投手
田屋裕人 先発完投
常時セットポジションからゆったりと始動し、軸足でタメを作ってから上体の倒し込みとともに力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
ホームラン以外は危なげないピッチングでした。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
初回、ツーアウトランナー無しからの猛攻で一挙7点を先制して主導権を握りました。
その後は打線が沈黙してしまったのが次戦への課題でしょう。

守備
待って捕ろうとしてバウンドを合わせ損なった場面以外は問題なし。


<花巻農>
・投手
菊池秀喜 先発完投
常時セットポジションから、やや上体をひねってタメを作りつつ鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味です。
立ち上がり、四死球で走者を溜めた後に安打をまとめられ、あっという間に大量失点してしまいました。
2回以降は粘りの投球を見せていただけに、初回が本当にもったいないなかったです。

打線
なかなか安打が出ず、せっかく走者を出してもダブルプレーになるなど、波に乗れない展開でした。

佐藤秀祐 右投右打
速球を思いっきり叩いてレフトスタンドへの弾丸ライナーのホームランを放ちました。

守備
バウンドを合わせ損なって捕球できない場面が目立ちました。
初回は、魔の初回になってしまいました。

posted by ティト at 00:19| 岩手 ☁| Comment(5) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月11日 高校野球観戦記 その1

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
盛大附属 10−2 盛岡北 (7回コールド)

相手の隙を見逃さずに着実に点を重ねた盛大附属が、3投手のリレーでガッチリと守りきりました。

<盛大附属>
・投手
木内優成 1回〜3回途中
機敏な体動から、思いっきり真上から投げ下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込みます。
躍動感があって管理人好みの本格派タイプですが、肘が体から離れている感じで、ややアーム式の投法になっています。
肘の支点を生かすために、もっと脇を絞るようなイメージで投げられれば、ボールにウエートが乗って球威がグンと増すと思います。
今後の成長が楽しみな2年生です。
速球の球速は、最速133kmの表示。

松本跳馬 3回途中〜6回
常時セットポジションからゆったりとした始動し、柔軟性を生かして肩を後方にひねった後にしなやかに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をコーナーに投げ分けます。
昨年より筋力が大幅に増した感じで、軽々と投げていても力のあるボールが決まっていました。
ポテンシャルの高さは一目瞭然ですので、あとはもっと機敏性と躍動感をボールに乗せる意識を持てれば、本格派左腕として成長できると思います。
速球の球速は、最速133kmの表示。

平賀康介 7回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶってから勢い良く真上から投げ下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
1イニングをピシャッとしめましたね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

打線
しっかりとボールを見極めて四球を選び、効率良く安打を集めて点を加えていきました。

守備
問題なし。


<盛岡北>
・投手
高橋佑輔 1回〜5回途中
素早くスムーズに始動し、しなやかにコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と鋭く曲がり落ちる変化球を低めに集めます。
本来制球力抜群の投手ですが、盛大附属の強力打線を意識しすぎ、余計な四球を出してしまったのがもったいなかったです。

小澤大海 5回途中〜7回
機敏に体を回転させ、反発力を生かして勢い良く腕を振る左横手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と横滑りする変化球をコーナーに散らします。
適度にボールが荒れる感じで、なかなか打ちづらく捕らえどころのないタイプですね。

打線
じっくりとボールを見極めて粘り強く食らいつきましたが、連打が出ず、ビッグイニングにはつながらなかった感じです。

本堂賢輝 左投左打
速球を思いっきり引っ張り、ライトスタンドへの先頭打者ホームランを放ちました。

守備
もったいない悪送球やフライを捕れなかったりで余計な点を与えてしまいました。

posted by ティト at 00:07| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする