2018年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その3

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第3試合
水沢工 5−1 久慈東

先制パンチで優位に立った水沢工が、久慈東の反撃を最小限にとどめてガッチリと守り切りました

<水沢工>
・投手
高橋晴 先発完投
ゆったりとした始動から、全身を使って思いっきり腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をぐいぐい投げ込みます。
上体の倒し込みを生かしてボールにウエートを乗せて投げているのが好印象です。
管理好みの力投型ですね。
まだ2年生で線が細い感じですが、筋力が増せば非常に楽しみです。
管理人の要チェックリストに入りました。
速球の球速は、最速132kmの表示。。

打線
毎回のように好機をつかんで押せ押せムードを作りました。
初回は幸先よく4点を取りましたが、その後はあと1本が出ない焦れる展開が続いてしまったのが次戦への課題でしょうか。

守備
イージーな捕球ミスが目立ちましたが、要所でダブルプレーを取れたりで、大量失点は防ぎました。


<久慈東>
・投手
野中淳生 1回〜4回途中
常時セットポジションから、やや上体をひねってタメを作ってからコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味です。
立ち上がりに制球を乱し、四球で走者を溜めた後に打たれて失点してしまいました。

赤坂旺一郎 4回途中〜9回
素早く体を回転させ、力いっぱい腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
変化球を投げる時にやや力が抜けてしまうのが課題ですが、馬力があって楽しみな2年生ですね。
速球の球速は、最速132kmの表示。

打線
連打で1点は取りましたが、要所で三振を多く取られ、畳みかけることができなかった感じです。

守備
悪送球が1つあった以外は問題なし。
外野のファインプレーがあり、決定的な大量失点を防ぐ場面がありました。



posted by ティト at 22:29| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月10日 高校野球観戦記 その2

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
黒沢尻工 6−3 大東

先制してリードを広げる黒沢尻工が、3投手のリレーで大東の反撃をかわして逃げ切りました。

<黒沢尻工>
・投手
長山優大 1回〜4回
ゆったりと振りかぶり、手首を体の後ろに隠すようなイメージで肩をひねってから勢い良く腕を振る左上手。
伸びのある速球主体に押す投球を見せました。
スッと落ちる変化球も有効です。
下半身の体重移動がやや不足していますが、躍動感をボールに乗せる意識がうかがえるのは好印象。
速球の球速は、最速134kmの表示。

土屋義吾 5回〜6回
常時セットポジションから、ゆったりと足を上げて軸足でタメを作った後に力強く腕を振り下ろす右上手。
重そうな速球と落差のある変化球を投げ込む本格派タイプです。
機敏性がやや不足していますが、パワーがありそうで楽しみな2年生です。
速球の球速は、最速133kmの表示。

菅原大夢 7回〜9回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動したがら鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派です。
前に見た時よりも下半身の体重移動をうまく利用できており、軽々と安定して力のあるボールを投げられるようになっていますね。
まだまだ余力十分だと思います。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
頻繁に安打が出て好機をつかみました。
もうひと押しでビッグイニングという場面を逃してしまったのが今日の課題でしょう。

菅原大夢 右投右打
ボールを待つ姿勢が良く、速球にも変化球にもしっかりとタイミングを合わせてきますね。
大勢を崩さずにスイングできるのは、優れた動体視力と野球センスの賜物でしょう。

石塚綜一郎 右投右打
パワーで振り回すというよりは、バットにボールを乗せるようなイメージでフォロースルーを効かせて飛距離を出すタイプですね。
コースに逆らわない柔軟性があるので、打ち取るのに一苦労しそうな打者だと思います。

守備
悪送球で失点はありましたが、野手の動きに問題なし。
もう一歩でファインプレーという場面があったので、そこをモノにできれば完璧でした。


<大東>
・投手
千葉慎也 先発完投
常時セットポジションから、上体をややひねってタメを作ってから力強く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
ピンチで連打されてしまった感じですが、要所で三振を奪ってビッグイニングは防ぎました。

打線
良い当たりの安打は出ますが、散発気味で、ここぞの場面で畳みかけることができなかった感じです。
好投手相手に食らいつく粘りは見せました。

守備
問題なし。

posted by ティト at 22:11| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月10日 高校野球観戦記 その1

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
伊保内 3−1 一関高専

両チームエースの好投による投手戦。
少ない好機を着実にモノにした伊保内が、接戦を制しました。

<伊保内>
・投手
橋山翔 先発完投
常時セットポジションから、体を開かないように左膝を後方に抱えるようなイメージで上げてタメを作った後に反発力を効かせて腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球で三振を取れる本格派です。
完投を念頭に置いて常に全力投球ではなく、要所で力を入れる投球を見せましたね。
速球の球速は、最速136kmの表示。

打線
5回までパーフェクトに抑えられ、攻略の糸口がない感じでしたが、6回以降に相手投手を捕らえ始め、少ない好機をモノにすることができました。
こういう接戦をモノにしてチームは強くなるものだと思います。

守備
悪送球で余計な失点がありました。
ダブルプレーで相手の好機の芽を摘むことができたのが大きかったですね。


<一関高専>
・投手
千田一輝 先発完投
常時セットポジションからゆったりと始動し、スムーズに体を回転させてしなやかに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで押す投球を見せました。
リストが強そうで、スナップの効いた投法から力強いボールが決まっていました。
球速以上に速球が打者の手元で伸びる感じで、打者のバットがボールの下を空振りする場面が非常に多かったです。

打線
好機は相手より多かった感じですが、バント失敗のダブルプレーが2度あり、波に乗り切れませんでした。

守備
ライナーの目測を誤って長打にしてしまう場面がありました。
そのほかは問題なし。

posted by ティト at 21:59| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする