2018年06月21日

2018注目チームA

第2回目は専大北上。


専大北上は、今春準優勝で第2シード獲得。
昨秋地区予選ではコールド負けを喫するなど、前途多難のスタートでしたが、どん底から這い上がって大きく進化し、優勝を狙える位置へチーム力を高めています。

投手陣は、好投手を複数擁する分厚い布陣です。
碓井康平投手は、全身をいっぱいに使うフォームから、威力十分の速球主体に押す本格派です。
最速140km台前半の速球は、まだまだ伸びる余地十分。
鋭く曲がり落ちる変化球がコーナーに決まれば、容易には攻略できない投手に成長できると思います。
愛木修平投手は、スムーズに体重移動しながら鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
最速130km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
脇を絞って投げているので、パワーロスが少なく、ボールにしっかりと力が伝わっているのが特長です。
松田佳一郎投手は、素早い体動から、スムーズに振りかぶってしなやかに腕を振る左上手。
最速130km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球を制球良く投げ込みます。
高橋郁弥投手は、軸足でタメを作った後に担ぐように振りかぶって力強く腕を振る右上手。
最速130km台後半の速球と緩急2種類の変化球で的を絞らせない投球が光ります。

打線は、長打を売り物にする感じではないですが、どういうタイプの投手にも対応して安打を積み重ねられる適応能力の高さが持ち味です。
佐々木龍樹選手は、腕力を生かしたパワフルなスイングで、一発長打を期待できる強打者です。
貴重なポイントゲッターで、この選手の活躍が夏を勝ち抜くためには不可欠でしょう。
角田麗斗選手は、クローズスタンスでバットをボールにぶつけるようなコンパクトなスイングが特長です。
4番バッターですが、しぶとくつなぐ打撃でチャンスメークします。
齋藤大成選手は、俊足巧打で出塁率の高さが光ります。
綺麗に体が回転するスイングで、ツボにはまると長打もある核弾頭ですね。
粟野太地希選手は、優れたミートセンスで広角に安打を打ち分け、走者に出れば俊足を生かす曲者タイプです。
全体的に、相手バッテリーをしっかりと観察できており、盗塁できる時は盗塁を積極的に狙い、バントの場面ではしっかりと決めてくる確率の高い野球を展開します。

守備は、時折のイージーミスが気になりますが、春は全体的に堅実さを見せました。
角田麗斗捕手は、機敏なフットワークが持ち味の動ける捕手で、相手打線の反応に合わせて最適な球種を選択できる柔軟性のあるリードでも投手陣を引っ張ります。
捕ってから素早い送球の精度も高く、盗塁を容易には許しません。
阿部樹遊撃手は、すばっしこさを生かした守備範囲の広さが魅力です。
斎藤大成右翼手は、スタートの速さと俊足で広範囲の打球に追いつきます。
基本的に、アウトにできる打球を確実にアウトにするシンプルな守備意識がうかがえ、ミスを連発しての一挙大量失点は考えづらいのが強みだと言えるでしょう。

専大北上は、春の県大会初採用のタイブレークをモノにするなど、勝機を確実につかむ勝負強さで第2シードをつかみ取りました。
春を上回る成績は優勝だけ。
秋、春、夏と順調に進化の階段を上り、12年ぶりの甲子園切符をつかみとれるか注目です。


次回は盛岡中央。

posted by ティト at 23:08| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする