2018年03月31日

花巻東 センバツ3回戦

3月31日

センバツ3回戦
花巻東 1−0 彦根東 (延長10回サヨナラ)

またもや心臓バクバクのひりつくような接戦。
9回までノーヒットノーランに封じられる苦しい展開でしたが、延長のチャンスをしっかりとモノにして見事にベスト8進出を決めました。

今日は、1回途中からスクランブル登板した伊藤翼投手のナイスピッチングにお見事の一言です。
花巻東投手陣特有の体重移動の不足があり、躍動感もやや物足りない感じはしましたが、サイド気味の右スリークォーターからの伸びのある速球と切れの良い変化球がコーナーにビシビシと決まり、相手打線に的を絞らせませんでしたね。
緊張する甲子園の大舞台で、ストライクをポンポン取れるメンタルの強さを見せつけてくれました。
ピンチは何度かありましたが、制球は終始安定しており、大量点を取られそうな雰囲気はまったくなかったように思います。
今日は本当に、「伊藤投手ありがとう」というのが多くの岩手のファンの気持ちでしょうね。

打線は、彦根東の増居翔太投手の前に沈黙し、点を取るどころか走者を出すのも一苦労の状態でした。
9回の2死2・3塁のサヨナラの好機を逃した時は、タイブレークまで行きそうな予感がしましたが、延長10回に無死満塁の好機をつかみ、しっかりと決めてくれましたね。
10回の先頭バッター紺野留斗選手のこの試合初ヒットがチームに勢いを与えてくれたように思います。
増居投手のショックもありありで、バントをさせる場面で制球を乱し、四球をもらえたことも大きかったです。
また逆にバントをさせようとボールを置きにきたところをバスターに切り替えて安打をつなげられたのも、采配を含めた花巻東のしたたかさの表れでしょう。

守備は、野手陣がすっかり甲子園の雰囲気に慣れ、抜群の安定感で投手を守り立ててくれました。
岩手県勢の甲子園に関して、管理人が長年今まで見た中で守備面では最も素晴らしい試合だったと今回言ってしまいましょう。
内外野とも好プレーの連続でした。
菅野豪琉中堅手のダイビングキャッチは素晴らしかったですね。

準々決勝の相手は、大阪桐蔭です。
優勝候補筆頭の呼び声高い強豪ですね。
厳しい戦いは当然予想されますが、ここを乗り切れば全国制覇がはっきりと見えてくるはずです。
120%の力を出すしかありません!!

posted by ティト at 23:54| 岩手 | Comment(4) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする