2017年08月17日

盛大附属 甲子園2回戦

8月16日

夏の甲子園2回戦
盛大附属 6−3 松商学園

やりました♪
盗塁を積極的に狙う松商学園の機動力にピンチの連続でしたが、リードを保ちつつ決定打を許さずに逃げ切りましたね。

先発の三浦瑞樹投手は、県大会ではやや不調に見えましたが、甲子園ではまずまずの状態に仕上げてきました。
本来の躍動感と球威が戻ってきましたので、速球主体でも相手打線をしっかりと抑えることができましたね。
ちょっと気になるのが、変化球でストライクがなかなか取れなかったことです。
全国レベルの打者を打ち取るには、とにかく的を絞らせずにフルスイングをさせないことに尽きますので、次戦までの調整を期待いたします。
平松竜也投手は、初戦同様、球威はあったものの、余計な四死球でピンチを招く場面が目立ちました。
本来、ここまで四死球を出す投手ではないですし、ストライク先行であればそうそう打たれる投手でもないです。
自信を持ってキャッチャーミットめがけて腕を振っていただきたいです。

打線は、相手投手の緩急を使った投球術に苦しみましたが、低めに外れる変化球を概ねしっかりと見送ることができたことが勝利につながりました。
どういうタイプの投手からも点をもぎ取れる打線の底力は素晴らしいと思います。
比嘉賢伸選手のライトスタンドへのホームランは、ドンピシャで捕らえた見事な当たりでしたね。

守備も概ねよく守れていたと思います。
技術的に向上したというよりも、メンタル面での成長が著しいのでしょう。
慌てず粛々とアウトを積み重ねるような安定感がにじみ出てくるようになりましたね。

盛大附属の3回戦の相手は、済美です。
印象としては、盛大附属のチームカラーに近い打撃のチームという感じでしょうか。
力と力のぶつかり合いになりそうです。

甲子園3勝の壁を是非とも突破してもらいましょう!

posted by ティト at 01:34| 岩手 ☁| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

盛大附属 甲子園初戦

8月9日

夏の甲子園1回戦
盛大附属 4−1 作新学院

前年覇者を破る見事な勝利!!
またもや寿命が縮まるような接戦でしたが、県勢の勝利がファンにとっての特効薬です。

平松竜也投手は、四死球が多かったのが誤算でしたが、県大会の疲れが癒え、球威は抜群でした。
作新学院打線をねじ伏せるようなパワフルさを発揮しましたね。

打線は、もっと点を取れると期待していましたが、相手投手のコーナーワークが素晴らしく、なかなか好機で畳みかけることができませんでした。
それでも、各打者とも大舞台に物おじせずにフルスイングできていましたし、次戦での大爆発に期待できる迫力は見せていたように思います。
比嘉賢伸選手のセンターフェンス直撃の2塁打は素晴らしい当たりでしたね。

実は一番心配していた守備ですが、無失策はお見事。
盛大附属は、甲子園では守備の乱れから大量失点するパターンが多かったわけですが、今大会はしっかりと仕上げてきましたね。
この調子であれば、今後も視界良好でしょう。

盛大附属の2回戦の相手は、松商学園と決まりました。
甲子園常連の強敵ですが、きっと好勝負になるはずです。
楽しみに待ちましょう。

posted by ティト at 03:06| 岩手 ☔| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

第99回全国高等学校野球選手権大会 組み合わせ

ちょっとタイミング遅れの更新です。
周知のとおり、夏の甲子園の組み合わせが決まりました。

岩手のファンにとっての関心事である、盛大附属の初戦の相手は、なんと、昨年覇者の作新学院となりました。
スポーツ新聞等を見ると、作新学院は優勝候補の一角のようです。
昨秋の岩手国体で、管理人は作新学院の試合を見ましたが、はっきり言って驚くほど強かったです。
昨年のチームと同等もしくはそれ以上のチーム力を持っているとすれば、盛大附属にとって相当厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。
しかし、全国制覇を狙う盛大附属にとっては乗り越えなくてはならない相手です。

当然のことですが、アウトにできる打球をしっかりとさばいて余計な失点を防ぎ、強力打線が持ち前の長打力を発揮すれば、勝利がグッと近づくはずです。
開幕を楽しみにしましょう。

組み合わせ表は、下記リンクにてご確認くださいませ。

2017夏の甲子園 組み合わせこちらをクリック

posted by ティト at 00:56| 岩手 ☀| Comment(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする