2017年07月11日

7月11日 高校野球観戦記 その3

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第3試合
盛岡三 12−0 盛岡商 (5回コールド)

投打に実力を発揮した盛岡三が、相手に付け入る隙を与えない試合運びで完封しました。

<盛岡三>
・投手
鹿内晃輝 1回〜4回
常時セットポジションから、力強く上体を倒しこんで鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
威力のある速球主体に落差のある変化球を交えて三振を取れる本格派です。
筋力がかなり強そうで思いっきり腕を振れますし、ポテンシャルの高さは一見してわかりました。
速球の球速は、最速138kmの表示。

西舘洸希 5回
常時セットポジションから、上体の回転とともにしなやかに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込む本格派です。
軽々と投げている感じですが、安定して力のある速球が決まっていました。
まだまだ余力十分に見えますし、今後の成長が非常に楽しみな2年生の逸材です。
速球の球速は、最速139kmの表示。

・打線
各打者がバッターボックスの内角寄りかつ後ろ寄りで構え、ボールをしっかりと見極めて狙い球が来たら振り、来なければ振らないというシンプルなスタイルです。
早いカウントから何でもかんでも手を出すことは決してしないチームでしょう。
無駄球を追いかけないわけですから、四球を狙いながら攻撃を組み立てることができるので、非常に効果的な戦術です。
今日は、有利なカウントを作って甘いコースを狙い打ちできていました。
ボール球を早打ちして投手を助けるような雑な打撃をしてしまうチームは、盛岡三の試合を見れば、おおいに参考になるはずです。
点差が開いても容赦なく盗塁を決め、貪欲に点を狙う隙のなさも素晴らしいですね。

高橋由伸 右投右打
速球をドンピシャで捕らえ、レフトポール際場外へ特大のホームランを放ちました。
完璧に投球を読み切ったようなスイングでしたね。

佐々木莉己 右投左打
前進守備のセンターオーバーの当たりで、俊足を飛ばして3ランホームランとなりました。

・守備
問題なし。


<盛岡商>
・投手
久保柊平 1回〜3回途中、4回
ゆったりとした始動から、しっかりとした上体の倒し込みとともにスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
腕の振りがしなやかでフォロースルーがしていますので、速球は球速以上に伸びてくる感じですし、変化球のキレも素晴らしいですね。
今日は、際どいコースを見極められてストライクを取りに行く甘いコースを狙い打たれてしまった感じです。
速球の球速は、最速130kmの表示。

新谷天馬 3回途中〜4回途中
ゆったりとした始動から、担ぐようにしっかりと振りかぶってから力強く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で三振を取れるタイプですね。
管理人が期待している2年生の1人で、前に見た時よりも機敏性と躍動感が増しています。
フォームバランスが良く、ポテンシャルの高い貴重な本格派サウスポーなので、今日打たれたことを忘れず、打者を圧倒できる球威を身に着けていただきたいです。

・打線
相手投手の球威にやや押され、安打をつなぐことができなかった感じです。

・守備
捕れるライナーを落球したり、プレッシャーのかかる場面でのワイルドピッチなど、常に守勢に立たされてしまった感じです。
ランニングホームランを許してしまったのも非常に痛かったですね。

posted by ティト at 20:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月11日  高校野球観戦記 その2

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
岩谷堂 3−2 一関高専 (延長11回サヨナラ)

両チームともなかなか好機をモノにできない展開。
怪我人が複数出る消耗戦を制したのは岩谷堂でした。

<岩谷堂>
・投手
阿部瑞希 先発完投
ゆったりとした始動から、上体の開きを抑えるようにやや上体をひねり、体の回転とともに勢い良く腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような速球と落差のある変化球との緩急を生かして打たせて取る投球を見せました。

・打線
毎回走者を出して攻めたてましたが、再三の好機をモノにできず、フラストレーションが溜まる展開だったと思います。
9回にあと1人で敗退というところまで追い込まれながら追いつき、その勢いで延長戦をモノにしました。

・守備
ワイルドピッチ1つあった以外は問題なし。

菊地一輝 左翼手
レフトオーバーの長打となりそうな当たりを背走してダイビングキャッチ。
スーパープレーでチームのピンチを救いました。


<一関高専>
・投手
千田一輝 1回〜4回
常時セットポジションから、ゆったりと振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、角度のある抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

鈴木潤季 5回〜11回途中
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込んで打たせて取る投球を見せました。
よく粘りましたし、延長サヨナラ負けは責められないでしょう。

・打線
初回に幸先よく2点を先制しましたが、その後、好機をつかみながら追加点を取れず、9回で決められなかったのが勝敗のポイントだったと思います。

・守備
悪送球やトンネルなどで余計な失点がありました。
1点を争う接戦でしたので、これが結果的に命取りになってしまった感じです。

posted by ティト at 20:23| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月11日 高校野球観戦記 その1

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
宮古 11−4 種市 (8回コールド)

先行して優位に立った宮古がじわじわと点を積み重ね、中盤以降の種市の反撃を凌いで勝ちきりました。

<宮古>
・投手
三浦悠人 先発完投
常時セットポジションから、重心をしっかりと落としてスムーズに体重移動しながらコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球を低目に集める丹念な投球を見せました。
キレの良い変化球の精度が高く、いつでもストライクを取れるのが強みです。
安定感抜群の2年生ですね。

・打線
頻繁に安打が出て得点を積み重ねました。
先制、中押し、ダメ押しという感じで押せ押せムードを作れていたと思います。

・守備
ゴロの処理をもたつく場面があり、余計な失点につながりました。
全体的には軽快に動けていたと思います。


<種市>
・投手
平島拓海 1回〜3回途中
常時セットポジションから、重心をグッと落として蹴り足を利用しつつコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

松川奏楽 3回途中〜4回
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって上体の倒し込みとともに腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球に落差のある変化球をうまくミックスしながら打たせて取る投球を見せました。

大西翔真 5回〜8回途中
ゆったりとした始動から、上体をグッとかがめて回転力を生かして投げるサイド気味の右スリークォーター。
伸びのある速球と横滑りする変化球でバットの芯を外す投球が持ち味のようです。
ボールにしっかりとウエートを乗せて投げていますし、地肩もかなり強そうですね。

・打線
好機で安打が出て効率良く点を取れたと思います。
一気にたたみ込むことはできず、逆転までのもうひと押しはできませんでした。

・守備
ワイルドピッチで余計な失点を重ねてしまったのが痛かったですね。
イージーフライを捕れない場面もあり、打たせて取る投手陣をもり立てられなかった感じです。

posted by ティト at 20:12| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする