2017年05月22日

5月22日 高校野球観戦記 その2

5月22日

春の高校野球県大会準々決勝 大平球場第2試合
盛大附属 13−11 宮古

終盤までもつれる壮絶な打撃戦。
盛大附属が先制した後に宮古が逆転し、さらにリードを広げて主導権を握りましたが、終盤に盛大附属の強力打線が炸裂。
ホームラン攻勢で一挙に逆転してさらに点差を広げ、9回の宮古の追い上げをどうにか凌いで逃げ切りました。
なかなか見られないようなシーソーゲームで、大興奮の管理人でした。

<盛大附属>
・投手
吉田颯 1回〜4回途中、7回
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって力強く腕をる右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で押す本格派タイプです。
スナップスローのような感じでも力のあるボールを投げていますし、リストの強さは光りましたが、肘のしなりが不十分で、手投げ気味になってしまうのが気になりましたし、左足を踏み出した時に体動の勢いが滞ってしまうのも気になりました。
もっと胸を張ってから肘を先に前に出す感覚を会得することと、右足の蹴りをもっと生かすことができれば、大幅に進化できる逸材だと思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

松本跳馬 4回途中〜6回
ゆったりとした始動から、上体を後方にひねって弓を解き放つようなイメージで腕を振り下ろす左上手。
球威で圧倒する感じではありませんが、糸を引くような伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。
昨年よりも上体の倒し込みを生かせるようになり、ボールにウエートを乗せる意識がうかがえました。
あとは単純に投球動作をもっとスピードアップさせ、体動の勢いで球威アップを目指してもらいたいと思います。
資質の高さは一見してわかる2年生です。

三浦瑞樹 8回
ゆったりとした始動から、上体の倒し込みを生かしながら力強く腕を振り下ろす左上手。
威力のある速球と多彩な変化球で三振を取れる本格派タイプです。
球場で生で見るのは久しぶりですが、本当に素晴らしい投手に成長しましたね。
昨年と比べて速球がグンと伸びていますので、打者目線でその速球を待っていると変化球に手が出ませんし、変化球を警戒すると速球がズバッと決まってこれまた手が出なくなる感じなので、連打を浴びせるのが困難な投手だと思います。
順調に仕上がっているようで嬉しくなりました。
速球の球速は、目測で最速140km台前半。

臼井春貴 9回
ゆったりとした始動から、重心を低く落としつつ、担ぐように振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球主体に押す投球を見せました。
管理人か特に期待している本格派ですが、昨秋と比べ、躍動感が目減りしていますし、期待通りに球威がアップしていないことに不満を感じてしまいました。
スナップは効いているのですが、下半身の体重移動が生きておらず、ボールにウエートが乗っていないのが非常に気になりました。
持ち前の筋力を生かして力のあるボールは投げられますが、さらなる球威アップを求めるには、体動の勢いをボールに乗せる意識が必要でしょう。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

・打線
中盤まで変化球を当てに行ってしまい、盛大附属の代名詞である豪快なフルスイングがなかなか見られませんでした。
合わせた打球でも外野深くまで持っていく場面はありましたが、火の出るような強烈な打球は少なかったように思います。
しかし、7回に反撃の狼煙となるソロホームランが出た後はそれまでのもやもやした展開が一変。
次々とホームランが飛び出し、あっという間に逆転して大量得点となりました。
変化球を大振りしてはいけないとはよく言われることですが、やはり当てるだけの打撃では得点につながりません。
終盤はフルスイングからのホームラン連発でしたし、迫力満点の攻撃力を見せつけましたね。
打ち損じることがあるとしても、振り切ることが現代野球では大事なのかなあと実感した管理人です。

吉田颯 右投右打
低めの変化球を思いっきり引っ張って弾丸ライナーでレフトスタンドへ運びました。
このホームランから流れが変わって一挙逆転となりましたので、本当に起死回生のホームランでしたね。

比嘉賢伸 右投左打
2ストライクに追い込まれながら、速球を自然に巻き込んでライトスタンドポール際場外へ逆転3ランホームランを放ちました。
また、次の打席では高めの速球を振り切ってライトスタンドへ2ランホームランも放ちました。

植田拓 右投右打
打った瞬間にホームランとわかるレフトスタンド場外へ消える超特大のホームランを放ちました。
あまりに強烈な打球でしたので、管理人は打球を一瞬見失ってしまいました。
この選手は、スイングスピードがずば抜けて速く、ホームランの打ち損じが安打になるような感じですので、投手目線で手のつけられない強打者だろうと思います。
打ち損じでアウトになることを祈るしかないとさえ思えるレベルに達しつつありますね。

林一樹 右投左打
低めの速球をうまく拾ってライトスタンドへのホームラン。
細身ですが、ミートセンスに加えて長打力を併せ持っていますね。

・守備
シートノックでは全国レベルの強豪の雰囲気を醸し出す軽快さを見せていましたが、肝心の試合では、比較的イージーな捕球ミスや焦る必要のない場面での悪送球など、もったいないミスを連発して一挙大量失点を喫してしまいました。
ホームでアウトにできるタイミングでもファーストに送球するなど、1点を大事にする意識が欠けていたこともその後の大量失点につながったのかなあと思います。
バント後のカバーに入らずにアウトにできなかったりと、センバツベスト8チームらしからぬイージーミスでピンチの連続となったのは今後の大きな反省材料でしょう。
選手の動きの軽快さ自体は問題ないので、次に起こりうるプレーをしっかりとイメージしながら的確に取捨選択できるよう、視野を広く持つ意識をこれからの練習で養っていただきたいと思います。


<宮古>
・投手
三浦悠人 1回〜7回途中
常時セットポジションから、重心をしっかりと落としてスムーズに体重移動しながらコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球を低目に集める丹念な投球を見せました。
キレの良い変化球の精度が良く、打者にフルスイングを容易には許しませんでした。
それでも点を取られたのは、全国レベルの相手打線の底力だろうと思います。
変化球をコーナーに散らしてストライクを取れるのが好投手の条件の1つですし、安定感抜群の楽しみな2年生ですね。

芳賀優太 7回
機敏に投球動作に入り、素早く振りかぶって勢い良く腕を振り下ろす左上手。
あまりじっくりとは見られませんでしたが、糸を引くような伸びのある速球と落差のある変化球を投げていました。

箱石瑛已 8回
ゆったりとした始動から、スムーズに担ぐように振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で押す本格派タイプです。
胸をしっかりと張って反発力を生かせていますし、欠点の少ないバランスの良いフォームだと思います。
さらにフォームの機敏性を追求していけば、球威の上積みはまだまだあるでしょう。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
打ち損じても空振りしてもしっかりと振り切る意識が得点につながりました。
相手のミスで得た走者を着実にホームに返す効率の良さも発揮していましたね。
9回の粘りも見事で、全国トップレベルの強豪チームを相手に決して引けをとらない戦いぶりでした。
非常に悔しい逆転負けだと思いますが、夏へ向けて収穫はたっぷり得た試合でしょう。

・守備
序盤に緩慢なプレーで走者を先に進めてしまう場面はありましたが、要所では集中してズルズルとミスを連鎖させることは防ぎました。
勝ちパターンで試合を進めましたが、終盤のピンチで強い打球をさばけずに許してしまった失点が痛恨の逆転負けにつながってしまいました。

posted by ティト at 21:15| 岩手 | Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月22日 高校野球観戦記 その1

5月22日

春の高校野球県大会準々決勝 大平球場第1試合
大船渡東 8−4 盛岡四

3回途中からの観戦です。
効率良くじわじわと加点した大船渡東が、食い下がる盛岡四の反撃を凌いで逃げ切りました。

<大船渡東>
・投手
岩城大夢 〜9回
常時セットポジションから、重心をグッと落として担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で的を絞らせない投球を見せました。
ストンと落ちる変化球が非常に有効で、これがコーナーに決まると打者はなかなかフルスイングできないでしょう。
ピンチで素晴らしいコースにズバッと決めてあと1本を許さない集中力が光りました。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

・打線
緩い変化球を打ち損じる場面はありましたが、しっかりと振り切っているのは好印象です。
取られたらすぐに取り返して相手に主導権を渡しませんでしたし、相手のミスをうまく得点に結びつけていました。

佐藤啓太 右投右打
速球をドンピシャで捕らえ、センターバックスクリーン直撃の特大の一発を放ちました。
まさに完璧に捕らえたという感じの素晴らしいスイングでした。

・守備
問題なし。


<盛岡四>
・投手
須川皓輝 〜8回
ゆったりとした始動から、上体をひねりつつ腕のしなりを生かして投げる右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような投球と落差のある変化球との緩急で打たせて取る投球が持ち味のようです。
ドロンとした緩い変化球をうまく使って打者のタイミングを外す投球を見せていました。
腕が遅れて出てくる変則的なフォームが特長ですが、機敏性をもっと意識して体動の勢いを生かせるようになれば、ボールにウエートが乗って球威がグンと増してくると思います。
あとは、走者をほとんど牽制せずに大きくリードを取られてしまうのは今後の課題でしょう。

佐藤頼人 9回
ゆったりとした始動から、背筋をピンと伸ばして担ぐように振りかぶった後にしなやかに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球が持ち味のようです。
癖のないフォームでバランスは良いですが、下半身の体重移動をもっと意識して勢い良く投げ込む躍動感が出てくれば、大きく進化できると思います。

・打線
再三の好機にたたみかけることができず、いまひとつ点を取りきれなかった印象です。

・守備
好プレーはありましたが、アウトにできそうな打球をもう一歩出足が遅れて安打にしてしまう場面がありました。
夏までに瞬発力を養っていただきたいと思います。

小田中佳文 遊撃手
無駄のない足さばきでスッと打球に体を寄せてピシッと送球する守備センスが光りました。

posted by ティト at 20:52| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする