2017年05月06日

5月6日 高校野球観戦記 その2

5月6日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第1試合
一関一 2−0 千厩

雨天の中、好投手同士の息詰まる投手戦。
千厩の守備のミスで奪った2点を、一関一が固い守備で守り切りました。

<一関一>
・投手
佐藤大起 先発完投
特長は先日記載のとおり。
昨年より制球力が増し、ボール1つ分のゾーンの出し入れで勝負できる投手に成長しています。
キレの良い変化球の精度も良く、大崩れしそうにない安定感が光ります。
コーナーワークで相手にフルスイングを許さないナイスピッチングでしたね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
相手好投手を相手に、なかなか連打が出ない展開。
重苦しい雰囲気でしたが、5回にヒットエンドラン成功後の相手守備のミスで挙げた貴重な1点と、9回にも相手のミスによる1点を加えて勝利をつかみ取りました。

・守備
ミスはありましたが、その後のカバーがしっかりしていたのは好印象。
見事なバックホームもあり、要所での集中力はバッチリでした。


<千厩>
・投手
千葉英太 先発完投
特長は先日記載のとおり。
序盤は躍動感を抑え気味にし、徐々に機を見てペースアップしていく投球を見せました。
スタミナ配分がしっかりとできていますので、攻撃側がスタミナ切れを狙ったとしても、おそらく崩れない投手だと思います。
試合には敗れましたが、投球内容は素晴らしいものがありました。
速球の球速は、目測で最速140km台前半〜中盤。

・打線
相手を上回る安打を放ち、好機は何度かありましたが、ここぞで畳みかけることができませんでした。
ホームを狙ってのタッチアウトもあり、球運にも恵まれなかった印象です。

金野大成 右投左打
見るからにパワーのありそうな大柄な体格から、力強い打球を連発していました。
場面に応じてコンパクトに捕えるミートセンスも光ります。

・守備
もったいない悪送球で2失点したのは非常に痛かったですね。
ライナーの目測を誤って頭を越されたり、イージーなフライ落球もありました。
好投を続けるエースを守り立てる展開にならず、課題を残しました。

posted by ティト at 18:13| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月6日 高校野球観戦記 その1

5月6日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第1試合
一関学院 8−1 一関工 (7回コールド)

4回からの観戦です。
好球必打の強打のチーム同士のテンポの早い打ち合い。
まとめ打ちで安打を浴びせ、力で点をもぎ取った一関学院が、固い守備で一関工の反撃を最小限に封じました。

<一関学院>
・投手
千葉光 〜7回
ゆったりとした始動から、一球一球バランスを確かめながらスムーズに体重移動する右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球を制球良く投げ込みます。
球威で圧倒する感じではありませんが、
スッと落ちる変化球が有効で要所で空振りをよく取れていました。
8割位の力でリラックスする投球を基本としつつ、要所で全力投球するメリハリのある投球術を見せました。
力を抜くと手投げ気味になる傾向がありましたので、体重移動を緩めないことと、胸の張りをもっと意識できれば、まだまだ成長できる好素材です。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

・打線
今年も振れるボールには初球からどんどん打って出る積極スタイル。
頻繁に安打は出ましたが、仕掛けが早すぎる感じで、相手にじわじわとプレッシャーを与えるようなしたたかさは感じませんでした。
それはそれとして、7回で15安打は見事です。

千葉愛斗 右投左打
高めの速球をドンピシャで捕えてライトスタンドへのホームラン。
ひと冬越えて筋力が増し、スイングの力感がアップしていますね。

・守備
問題なし。
非常に安定していました。
機敏な中継プレーでの封殺は見事でした。

夷塚郁斗 遊撃手
出足の瞬発力があってグラブタッチが柔らかく、球際にも強いです。
不利な体勢からも一塁にビシッと送球できる体の芯の強さもありますね。


<一関工>
・投手
天笠蓮 〜5回
ゆったりとした始動から、体の開きを抑えるようにやや上体をひねった後に勢い良く腕を振る右上手。
伸びのある重そうな速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
かなり筋力が強そうですし、フォームに癖がなく、機敏性が増せば大きく伸びそうな2年生です。

新田凜 6回〜7回
ゆったりとした始動から、左腕を体の後ろに隠すように振りかぶって勢い良く腕を振る左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込みます。
腕を強くしなやかに振れますので、速球は打者の手元でグンと伸びてくる球質ですね。
下半身の体重移動も意識できていますし、今後の飛躍が期待できる2年生です。

・打線
好球必打のストロングスタイル。
中途半端なくフルスイングするのがチーム方針のようですね。
強い当たりが多く、打線の底力の高さは感じましたが、相手の再三の好守備などもあり、大量点にはなかなか結びつけられませんでした。

・守備
問題なし。
ホームへのフィルダースチョイスがもったいなかったです。

posted by ティト at 18:01| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする