2016年08月16日

盛大附属 甲子園3回戦

8月16日

夏の甲子園3回戦
鳴門 11−9 盛大附属


またもや激しい点の取り合いとなりましたが、あと一歩及ばず。
9回の怒涛の反撃は素晴らしかったです。

敗れた主因は、守備の乱れでしょう。
1回戦、2回戦ともに、県大会では考えられないようなミスが続いて大量点を献上していましたが、この試合も守備のミスから相手にビッグイニングを作られてしまった印象です。
特に、速い打球に対する出足の鋭さは他チームに見劣りしていました。
甲子園では、見本となる選手が大勢いたはずです。
そういう選手の動きを参考にし、技術を盗むことが新チームに必ずつながります。

投手陣は、余計な四死球を出してしまったことで、ピンチの連続を作ってしまいました。
あとは、あとアウト1つのところで粘りきれませんでしたね。
ただし、持てる球種を惜しみなく使っていましたし、余力を残さない力投は見せていたように思います。
県大会では、盛大附属投手陣を打ち崩すようなチームはなかなか見当たりませんでしたが、甲子園となると、簡単に打ち取れる打者の方がなかなか見当たりません。
甲子園レベルでは、もっと球威とコントロールを磨く必要があることを再確認しました。

打線は、3試合ともに本当に見事でした。
盛大附属打線は全国に通用すると言い続けてきた管理人ですが、それが証明されたようで嬉しいです。
負けたことは本当に悔しいですが・・・。
強く振ること。
強く振るためには高強度のウエートトレーニングで体をいじめ抜くこと。
盛大附属の現チームは、昨年の新チーム発足からこれらを最重視して練習に取り組んできたと聞いています。
従来の岩手のチームは、甲子園では他チームのスイングの力感に見劣りしてしまうことがほとんどでしたが、今年の盛大附属の迫力は、全国一と言ってもいいレベルだったと管理人は思っています。
細かい技術は、実戦の中で養われますし、短期間で向上可能ですが、フィジカルトレーニングを怠ってしまうと、取り返しのつかない差となって表れます。
盛大附属は、甲子園でここまで活躍するための準備をしっかりと整えてきたということでしょう。

全国制覇の夢は叶いませんでしたが、全国制覇への方向性が見えてきた今年の盛大附属の活躍でした。
盛大附属の選手の皆さん、胸を張って岩手に帰ってきてくださいね。
国体での活躍も期待していますよ。

posted by ティト at 19:14| 岩手 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛大附属 3回戦の相手

ベスト16に進出した盛大附属の3回戦の相手は、周知のとおり鳴門(徳島)と決まりました。

選抜優勝の智辯学園を破って勝ち上がっていますし、当たり前ではありますが、これまた難敵が相手ですね。
そしてまたまた寿命の縮まるような激しい試合展開になるかもしれません。
鳴門の映像を見ての印象は以下のとおりです。

チームのタイプ的には、2回戦で戦った創志学園に似ている感じです。
エースの河野竜生投手の安定感がまず目立ちますね。
河野投手は、重心を低く落として下半身でしっかりと体重移動しつつ鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
最速140km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球を四隅に散らす投球が持ち味のようです。
映像では、速球とスライダー、スプリットのように落ちるツーシームのみ確認できました。
多彩な変化球を操るというタイプではないようですが、全ての球種の質が非常に高いです。
速球は糸を引くように伸びてくる球質ですし、クロスファイアー気味にベースをかすめてくる感じですね。
スライダーは、鋭く大きく曲がり落ちてきます。
最もやっかいなのは、右打者の外角に逃げるように落ちるスプリット気味のツーシームでしょう。
内角のクロスファイアーを意識して踏み込みが甘くなってしまうと、ツーシームはおそらく打てないと思います。
内角の厳しいコースはファールでいいので、甘く入ったコースをいかに確実に仕留められるかが最大のポイントです。
左打者の場合は、外角に逃げるスライダーの見極めが最も重要になってくるでしょう。

鳴門の打線は、盛大附属の打線と比べれば破壊力でやや見劣りする感じですが、センバツ優勝投手の村上頌樹投手から、ミスは絡めましたが5点を取っています。
少ない好機をしっかりとモノにする印象ですね。
投手陣は、とにかく余計な四死球を与えないこと。
守備では、今度こそ無失策を目指していただきたいです。
毎試合毎試合大量点を奪うのは困難ですし、ロースコアでも勝てるチームに成長できるかが全国制覇への最大の課題だと管理人は思っています。

とは言いつつも、どんな内容でも勝てばオッケーです(笑)。
夏は結局のところ、負ければ後の祭り、勝って反省できるかどうかです。

posted by ティト at 00:53| 岩手 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする