2016年08月14日

盛大附属 甲子園2回戦

8月13日

夏の甲子園2回戦
盛大附属 11−8 創志学園


盛大附属お見事!!
県勢初の2桁得点に管理人大興奮!!

ただし、8失点にヒヤヒヤ。
寿命が縮まる思いでした・・・。

まず投手陣ですが、三浦瑞樹投手がやや疲れ気味なのが気になります。
しっかり栄養を摂ってたっぷりと睡眠を取って英気を養っていただきたいです。
斎藤真輝投手と井上涼平投手が登板し、投手登録の選手全員が甲子園のマウンドを経験したのはプラス材料でしょう。
斎藤投手は、余計な四球を出してしまったのは反省材料ですが、腕はしっかりと振れていましたし、変化球の切れは県大会より良かったと思います。
最後に登板した井上投手は、しっかりと抑えの効いたボールを投げていましたので、調子は良さそうですね。

打線は、冒頭に言ったとおり見事の一言です。
大会屈指の本格派右腕と評判の創志学園高田萌生投手から10得点ですから、全国の高校野球ファンの度肝を抜いたことでしょう。
ホームランを欲しがって強振していた4番の塩谷洋樹選手と3番の植田拓選手に待望の一発が出ましたし、次戦ではもう少しリラックスしてさらに良い結果が出そうな気がします。
今日は、全体的に踏み込みが良く、バットが届かない場面は少なかったですね。
厳しい内角のコースをファールでうまく逃れられるようになれば、さらに死角がなくなると思います。

守備は、はっきり言ってよくないです。
難しい打球をさばき切れなかったのであればやむを得ない面もあるのですが、アウトにできるイージーな打球をさばけない場面が非常に目立ちました。
県大会でここまで乱れることはなかったと思いますが、これも甲子園独特のプレッシャーなのでしょうか。
今から守備練習に大きな時間を割く暇はないでしょうから、とにかくアウトにできる打球を確実にさばくことに集中していただきたいです。

次戦の相手は鳴門に決まりました。
これから映像でチェックしてみようと思います。

posted by ティト at 23:23| 岩手 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする