2016年08月11日

盛大附属 2回戦の相手

九国大附属との初戦を見事に制した盛大附属の2回戦の相手は、創志学園(岡山)と決まりました。

創志学園はセンバツ出場チームで、管理人も1試合はテレビ観戦しています。
また、夏の情報はネットで収集できましたので、少しだけ分析みたいなものを記載してみます。

まず、このチームは、エースの高田萌生投手の出来が勝敗のカギを握っていると言ってもいいチームだと思います。
高田投手は、全身を使うバランスの良いフォームから、しなやかに力強く腕を振る右上手。
最速150kmを超える威力抜群の速球と緩急2種類の変化球で三振を量産する本格派です。
映像では、速球とカーブ、スライダーのみ確認できました。
多彩な変化球を操るというタイプではないようですが、全ての球種の質が非常に高いです。
特に、スライダーの切れ味は抜群で、フォークボールのように鋭く落ちるウイニングショットですね。
速球を狙うだけでも一苦労ですが、変化球の精度も高いのが非常にやっかいです。
当たり前のことですが、ボール球に手を出して攻略できる投手ではありません。
盛大附属打線としては、持ち前の選球眼を発揮できるかどうかが勝負の試金石となるでしょう。

好投手が相手となりますので、今回は点の取り合いで勝つという試合展開には持っていきにくいと思います。
それだけに、こちらも投手陣や守備陣の奮起が必須となるでしょう。
創志学園の打線は、九国大附属の打線と比べると、スイングの力感ではやや見劣りする感じですので、できれば3点以内には失点を抑えたいところです。

この2回戦を乗り切ることができれば、どこのチームの投手が相手でも恐れることはないと思います。
盛大附属が、全国制覇を視界にとらえられる試合となるように期待します。

posted by ティト at 00:48| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする