2016年08月08日

盛大附属 甲子園初戦

8月7日

夏の甲子園1回戦
盛大附属 8−6 九国大附属


やりました。
点の取り合いを予想してはいましたが、見事に厳しいせめぎ合いを制してくれました。
心臓に悪いピンチの連続でしたが、それだけに喜びもひとしおです。

打線は、相手好投手に対して14安打8得点。
打球の速さが光っていましたし、全国レベルの破壊力を披露しましたね。
小原大河選手と菅原優輝選手のホームランも素晴らしかったです。
長打で点を取る持ち味が甲子園でも発揮されました。
課題としては、やはり踏み込みの甘さでしょうか。
全体的に、外角のボールになる変化球にバットが届かない場面が目立ちました。
しっかり踏み込んで打つ、もしくは打てないコースは振らないというメリハリがあればなお良かったように思います。
特に4番の塩谷洋樹選手は、レフトスタンドへの意識が強すぎ、体が完全に開いてしまっているのが気になりました。
ホームランを狙うのであれば、センターバックスクリーンを狙う意識でスイングすれば好結果がついてくると思います。

投手陣は、6失点で抑えたのか、6点も取られてしまったのか、微妙な内容だったので及第点でしょうか。
先発の坪田伸祐投手は、調子はそれほど悪くなかったと思いますが、真ん中付近で勝負しすぎてしまった印象です。
もっと広いゾーンでストライクを取れるはずでしたが、打者がフルスイングできる範囲のゾーンにボールを集めてしまいました。
捕手のリードを含め、次戦に生かしていただきたいです。
リリーフの三浦瑞樹投手は、持ち味のクロスファイアー気味の速球がうまく決まりましたね。
左打者の外角、右打者の内角は、相手がかなり打ちづらそうにしていた印象です。
相手が研究してくる次戦では、もっと変化球でストライクをポンポン取れる投球を目指していただきたいです。

守備は、細かいミスはありましたが、概ねよく守っていたように思います。
一挙大量点を防いだことで、焦ることなく攻撃に集中することができた感じです。
アウトにできる打球をしっかりとさばいていれば、強力打線を相手にしてもビッグイニングはそうそう作られないはずですから。
ショートの比嘉賢伸選手の軽快さは素晴らしかったですね。

見事な勝利を飾った盛大附属ですが、2回戦が迫っています。
一戦必勝で勝ち進んでいただきましょう。

posted by ティト at 18:07| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする