2016年07月03日

2016注目チームF

第7回目は花巻南。


花巻南は、昨秋ベスト4で今春ベスト8。
接戦をしぶとく勝ち上がって好成績を収めているチームという印象です。

投手陣は、大黒柱の大車輪の活躍が期待できるでしょう。
絶対的エースとなる前野雄介投手は、重心を落としてタメを作りつつ、蹴り足を生かして勢いよく腕を振る右横手。
糸を引くような伸びのある130km台の速球主体にテンポよく投げ込む小気味よい投球が持ち味です。
鋭く横滑りする変化球と、スッと沈む変化球の有効度も高く、要所で三振を取れる切れ味がありますね。
回転力を利用できていますし、躍動感もあって管理人好みの力投型です。
大事な場面は前野投手に任せる展開が多くなりそうですが、連戦を戦い抜くうえでは、右上手の佐々木悠眞投手、野手兼任の新田恭哉投手の活躍が不可欠となりそうです。

打線は、長打力がやや不足している感じですが、しぶとく安打をつないで終盤に得点を奪う粘りと集中力が光ります。
積極的に足を使って機動力を生かす戦術も非常に有効です。
前野雄介選手は、最終学年となって筋力の強さが増し、パワフルなスイングが目立つようになりました。
ここぞで長打を期待できる貴重なポイントゲッターです。
新田恭哉選手は、俊足強打で野球センスに優れる3番バッターです。
内野の頭を越す鋭くコンパクトなバッティングに加え、俊足を生かした2塁打3塁打にも期待ですね。
伊藤光選手は、リストの強さを生かしてセンター中心に鋭く弾き返す打撃が持ち味です。

守備は、春は捕球・送球ともに細かいミスが多く、余計なピンチを招く場面が目立ちました。
全体的に待って捕る傾向があるのが課題ですが、夏へ向けて急ピッチで整備が図られています。
新田恭哉遊撃手は、軽快なフットワークと機敏な送球が魅力です。
安打性の当たりに追いつく場面も多いですね。
伊藤光捕手は、四隅をしっかりと利用するリードが光り、キャッチングも安定してきました。

現チームは、県大会ベスト4やベスト8など、上位進出の実績を重ねています。
あとは甲子園切符をつかみ取るのみ。
花巻南は、そのポテンシャルを持つチームです。


次回は千厩。

posted by ティト at 22:09| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月3日 社会人野球観戦記 その2

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選2回戦 江刺球場第3試合
オール江刺 7−3 北上REDS

先制、中押し、ダメ押しという感じで得点を積み重ねたオール江刺が、終盤の北上REDSの反撃を凌いで逃げ切りました。

<オール江刺>
・投手
及川幸徳 1回〜7回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と多彩な変化球をテンポ良く投げ込みます。
ストライク先行なので非常に小気味よいですね。
チェンジアップ系の変化球の有効度が高く、要所で三振を取れていました。
勝てる投手に成長しているように思います。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

及川英徳 8回
常時セットポジションから、機敏に踏み出して勢い良く腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションが持ち味ですね。
高卒ルーキーですし、今後のさらなる進化に期待します。

河内山拓樹 8回途中〜9回
全身をバランス良く使う体動から、担ぐように振りかぶって爆発的に腕を振る右上手。
威力十分の速球と大きく鋭く曲がり落ちる変化球で打者を威圧します。
都市対抗で見た時よりも球威が増しているように見えますし、県内屈指の本格派右腕でしょう。
変化球は曲がりが大きく切れ味が良すぎて捕手が捕るのも一苦労という感じでした。
大きな変化球のみだと打者は速球に絞ってきますので、打者に振ってもらうチェンジアップ系の変化球を習得できれば、三振量産の投球を展開できると思います。
速球の球速は、目測で最速140km台中盤〜後半。

・打線
俊足巧打の選手とパワーヒッターがバランス良く揃い、総合力の高い強力打線です。

村岡康仁 右投右打
長打力抜群の県内屈指の強打者です。
速球にヤマを張って振り回すのではなく、変化球も引き付けて鋭く捕らえられるところに、この選手の素晴らしさが凝縮されているように思います。

及川龍希 右投右打
高卒ルーキーですが、スイングの力感は10代の選手とは思えない迫力ですね。
将来有望な強打者です。

・守備
細かいミスで失点してしまいましたが、機敏な中継プレーで先の塁を許さないなど、要所での好プレーで大量失点は防ぎました。

大久保智幸 遊撃手
打球への反応が速く、送球につながる捕球姿勢も良いです。
捕ってから素早く投げる意識も見て取れました。


<北上REDS>
・投手
高橋郡 先発完投
常時セットポジションから、重心をしっかりと落として体重移動しながらコンパクトに腕を振る右上手。
抑えの効いた重そうな速球と大小の曲がりを操る変化球で三振を取れる本格派タイプです。
緩急を意識できていますし、制球も良く、非常に完成度の高い投手だと思います。
水沢工時代以来久しぶりに見ましたが、しっかりと進化していて嬉しくなりました。
速球の球速は、目測で最速130km台後半。

・打線
中盤までなかなか連打が出ない展開。
終盤の好機も走塁ミスでモノにできず、いまひとつ歯車が噛み合いませんでした。

・守備
イージーな捕球ミスから余計な大量失点につながりました。
投手の好投をもっともり立てたかったところでしょう。

posted by ティト at 18:55| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月3日 社会人野球観戦記 その1

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選2回戦 江刺球場第2試合
盛友クラブ 11−3 宮古倶楽部 (7回コールド)

3回からの観戦です。
序盤の速攻で大量点を奪った盛友クラブが、そのままペースを渡さずに勝負を決めました。

<盛友クラブ>
・投手
武田侑ニ 〜5回
機敏な体動から、スムーズに体重移動しながらしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球とブレーキの効いた変化球を制球良く投げ込みます。
マウンド経験が豊富ですし、大崩れしない安定感が光りますね。

酒井翔夢 6回〜7回
ゆったりとした始動から、軸足でタメを十分に作りつつスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者に的を絞らせない投球が持ち味のようです。
マウンドさばきが落ち着いていますし、完成度の高い投球を見せていました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
機動力を使ってどんどん先の塁を狙っていました。
安打を得点にうまく結び付けられましたね。

高橋佳偉 右投右打
レフトフェンス直撃の弾丸ライナーは素晴らしい当たりでした。

・守備
問題なし。


<宮古倶楽部>
・投手
奥勝利 〜5回途中
ゆったりとした始動から、スナップを効かせて投げる右上手。
全力を使うのではなく、制球重視のスナップスローという感じでした。
球威はそれほどありませんでしたが、テンポ良く打たせて取る投球を見せました。

佐々木太一 5回途中〜7回
機敏な体動から、爆発的に腕を振る右上手。
威力のある速球主体にグイグイ押す本格派タイプです。
見るからに筋力が強そうですね。
もっと胸の張りを意識できれば、肩と肘の支点を生かせるようになってボールにウエートが乗ってくると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

・打線
頻繁に安打が出ていましたし、打線の底力は感じました。
良い当たりも多かったように思います。

・守備
全体的に送球が緩いのが気になりました。
余計に先の塁を許してしまった印象です。

posted by ティト at 18:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする