2016年07月02日

7月2日 社会人野球観戦記 その3

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選1回戦 江刺球場第3試合
盛岡球友倶楽部 2−1 住田硬式野球クラブ (7回コールド)

投打がガッチリと噛み合った盛岡球友倶楽部が、相手に付け入る隙を与えない展開でした。

<盛岡球友倶楽部>
・投手
鈴木治 1回〜6回
上体をやや後方に捻りながらゆったりと振りかぶり、スナップを効かせて投げる右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、しっかりと抑えの効いた速球主体にコーナーワークで打たせて取る投球を見せました。
制球が良く、大崩れはしない投手でしょう。
51歳で現役ですから、頭が下がる思いの管理人です。

高橋英貴 7回
ゆったりと振りかぶり、スナップを効かせながら力強く腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球を使って1イニングを抑えました。
肩肘がやや硬い感じがしましたが、思い切り腕を振れるのは長所だと思います。

・打線
積極的に盗塁を狙うスタイルで、好機をどんどん掴みにいきました。
相手ミスに効率よく安打を絡め、大量点を奪いましたね。

・守備
問題なし。


<住田硬式野球クラブ>
・投手
佐々木翔太 1回
ゆったりとした始動から、素早く体を回転させてコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、鋭く曲がり落ちる変化球をうまく使って打者の体勢を崩す投球を見せました。

久保塁 2回〜5回
背筋を伸ばした姿勢から、真上から投げ下ろすように腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味のようです。
上体投げになっていまひとつボールにウエートが乗っていないのが気になりましたが、地肩とスナップの強さは見て取れました。

高橋隆徳 6回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶってから腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、速球と落差のある緩い変化球との緩急で打たせて取る投球が持ち味のようです。
手先で押し出すように投げているのが気になりましたが、1イニングをしっかりと抑えました。

・打線
なかなか安打がつながらず、相手投手にスイスイ投げられてしまった感じです。

・守備
捕れる飛球を捕れなかったり、イージーなゴロを捕りそこねたりで、なかなかリズムに乗れませんでした。

posted by ティト at 17:49| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月2日 社会人野球観戦記 その2

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選1回戦 江刺球場第2試合
盛岡桜窓クラブ 2−1 高田クラブ

中盤から打線が力を発揮した盛岡桜窓クラブが、逆転してじわじわと引き離す展開となりました。

<盛岡桜窓クラブ>
・投手
大沼勇馬 先発完投
ゆったりとした始動から、機敏に振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球を力強く投げ込みます。
下半身の体重移動がやや不足気味ですが、スナップがかなり強そうで、なかなか力のあるボールが決まっていました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
前半は安打がなかなか続きませんでしたが、中盤から鋭い当たりが出るようになり、得点が積み重なりました。

・守備
問題なし。


<高田クラブ>
・投手
森拓也 1回〜7回
機敏な体動から、コンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではないようですが、伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
下半身の体重移動は不十分ですが、動作の機敏さが光りますね。

村上浩規 8回
常時セットポジションから、コンパクトに振りかぶって素早く腕を振る右上手。
下半身の体重移動が不足し、上体投げになってしまっているのが気になりましたが、テンポ良く1イニングを打ち取りました。

・打線
幸先良く先制した後、なかなか安打が続きませんでした。

・守備
全体的には軽快でしたが、イージーな捕球ミスからの失点がもったいなかったですね。

posted by ティト at 17:41| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月2日 社会人野球観戦記 その1

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選1回戦 江刺球場第1試合
赤崎野球クラブ 2−1 花巻硬友倶楽部

好投手同士の投げ合いで、テンポの良い試合。
ガッチリと守った赤崎野球クラブが、やや守備の綻びの見えた花巻硬友倶楽部を逆転して振りきりました。

<赤崎野球クラブ>
・投手
花崎尚 先発完投
ゆったりとした始動から、上体の回転を生かしながらスムーズに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球をバランス良く散りばめて三振を取れる本格派タイプです。
同じボールを続けてこない印象で、緩急をかなり意識していることがうかがえました。
トルネード気味に上体を捻る独特のフォームではなくなった感じで、下半身の体重移動を意識するフォームに修正されているようですね。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

・打線
全体的に力感がありますが、相手投手の緩急ある投球にうまく打たされた印象です。
それでも、要所で長打が出て力で点をもぎ取りました。

・守備
問題なし。
アウトにできる打球はしっかりとアウトにしていましたし、センターからの本塁捕殺も非常に大きかったですね。


<花巻硬友倶楽部>
・投手
柿澤成憲 先発完投
ゆったりと振りかぶり、スナップを効かせて投げる左上手。
手首をややこね気味に投げているのが気になりますが、腕の振り自体はしなやかですね。
球威で押すタイプではありませんが、しっかりと抑えの効いた伸びのある速球と落差のある変化球かコーナーに決まっていました。
実績十分の投手ですし、大崩れしない失点を計算できる投手でしょう。

・打線
クリーンヒットは少なかった印象ですが、変化球に崩されながらもしぶとく内野の間を抜いて点をもぎ取りました。
ただし、要所で三振を多く取られ、フルスイングはなかなかできなかった印象です。

・守備
イージーな捕球ミスで勝ち越し点を許してしまいました。
外野の送球に鋭さが欠けていたのも気になりました。

北山大介 遊撃手
足さばきが軽快ですし、最後までしっかりと打球から目を切らないのも基本に忠実だと思いました。
送球も安定していますね。

posted by ティト at 17:34| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする